お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり
  • PR

「山瀬さん、今度、(編集の)会議に出てください!」(笑) 植野広生さん 有馬隼人とらじおと山瀬まみと

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

毎週金曜日朝8時30分から11時まで放送中の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
有馬隼人とらじおと山瀬まみと

12月6日は、雑誌「dancyu」の編集長、植野広生さんをお迎えしました。

栃木県出身の植野さんは、新聞記者を経て、出版社で経済誌の編集を担当する傍ら、「dancyu」「週刊文春」などで「食」にまつわる記事を手掛けます。2001年、プレジデント社に入社すると、「dancyu」の編集を担当。おととし、編集長に就任しました。1日に飲食店を何軒も巡る綿密な取材で、食通が思わず唸る雑誌「dancyu」は、老舗のグルメ雑誌として親しまれています。

6日は、ご出演の前に豊洲市場に行っていただき、スタジオの有馬と山瀬に、お土産を持ってきて下さいました。築地の時代から70年にわたり市場で愛され続けている「やじ満」さんの「シューマイ」は、ボリュームたっぷり、もちもちで本当に美味しかったです。2人とも大喜びでした!さらに、このシューマイにソースをかければ、ハンバーグのような味わいになりました。

時間が経ってもジューシーさは変わりません!

そしてもう一つが、市場の定番、「茂助」さんのおだんごです。

こちらも、甘いもの好きにはおなじみです。本当にありがとうございました。
ごちそうさまでした。

6日の放送では、「dancyu」の編集にまつわるお話しや、植野さんの「食へのこだわり」などについてお話しいただきました。植野さん曰く、「dancyu」は、グルメ情報誌というよりは「食いしん坊雑誌」として、世の中の食いしん坊に「共感」「感動」「驚き」を提供するようにしているそうです。また、「ナポリタン」の食べ方についても、植野さん独自の「美味しいアレンジ」を教えていただきました!さらに、「dancyu」を欠かさず購読している山瀬まみの指摘や分析の数々に「山瀬さん、今度、(編集の)会議に出てくださいよ!」と懇願していらっしゃいました(笑)

植野広生さんが編集長を務める 食いしん坊のための雑誌「dancyu」の最新号、2020年1月号が本日発売されました。特集は「町の鮨」、定価:900円です。お近くの書店、コンビニなどでお買い求めください。また、インターネットでは、「dancyu」のweb版もお楽しみいただけます。こちらも合わせてご覧ください。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年11月15日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191206100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)