お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

TOYOTA presents おぎやはぎのクルマびいき 12月7日放送後記

おぎやはぎのクルマびいき

今週のトヨタからのお知らせは、10月に発売された、軽自動車の2シーター・オープンスポーツカー「コペン GR SPORT」のご紹介。
コペン GR SPORTの開発責任者、トヨタ自動車 GAZOO Racing Companyの南輝之さんをスタジオにお招きしてお送りしました。
南さんご登場スペシャルは今週と来週の二週連続。
初回の今週は収録前、TBSの地下にコペン GR SPORTを持ち込みまして、おぎやはぎの二人に実際に見て触って試乗もしてもらいました。

そもそもコペンと言えばダイハツだよね…ということで、今週の話題は「トヨタのコペンGR SPORT」にまつわる素朴な疑問を中心に、開発の背景について伺いました。

小木:今、世の中には『トヨタのコペンGR SPORT』と『ダイハツのコペンGR SPORT』があるということ?

 南:そうなんです。トヨタもダイハツも関係なく“もっといいクルマづくり”の観点から、メーカーの垣根を取り払って開発した楽しいクルマですので、商品も車名も全く同じにしました。コペンはダイハツブランドを象徴する特別なモデルで、誰が見てもコペンと分かる強烈なアイデンティティがあり、コペン愛が深いお客様から愛されているクルマなので、敢えて車名を変えずコペンを使わせて頂きました。

トヨタには無いライトウエイトオープンスポーツを用いた「もっといいクルマづくりの追求と「GRラインナップの拡充」。ダイハツはブランドを象徴する特別なモデルであるコペンで「走行性能向上という市場要望に応える事と世界観を広げたい」という双方の想いが合致して生まれた幸せなクルマ、「コペン GR SPORT」!とはいえ、メーカーの垣根を超えるとなると、どっちが主導権を握るか…とかややこしい話にもなりそうなもんですが、このコペンのプロジェクトは非常にうまくやってこれたそうです。よかったよかった!
来週はトヨタガズーレーシングが手掛けたコペン GR SPORTの「走りの味」について伺います。