お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【放送後記】# 62 ゲスト:大橋秀行さん

日本リアライズ presents 篠田麻里子のGOOD LIFE LAB!

火曜日21時30分からお送りしている
『日本リアライズ presents 篠田麻里子のGOOD LIFE LAB !』
八重樫東選手や、井上尚弥選手を輩出した大橋ボクシングジムの会長、大橋秀行さんが登場!

*大橋秀行さん×井上尚弥*

11月7日のWBSSバンタム級決勝、井上尚弥選手対ノニト・ドネア選手の試合が、かなり話題になりましたが、大橋さん的にあの試合を振り返ると、改めて井上選手の精神力の強さがわかった試合だった!
顔の骨を2箇所も骨折していたにもかかわらず、戦い抜いたのが凄かったと語ってくれました。
また、井上選手が勝てたのは大橋ジムだったからという声も。
というのは、目の上を切って出血してしまった井上選手、出血がひどいと審判に試合を止められ負けになってしまうそうですが、大橋ジムの止血の技術があったおかげで試合を続けられた!
試合が終わった後、井上選手は「楽しかったぁ。」と呟いていたそうで、その精神力の強さに大橋さんも驚いていました。

*大橋秀行さん×現役時代*

元々、ボクサーだった大橋さん。
大橋さんが現役時代は、練習中に水を飲んだらダメ!というかなり厳しい時代だったそうですが、今では考えられない。
減量に関しても、大橋さんの時代は、うがいもしてはダメと言われていたそうで、脱水症状で高熱が出てしまうことも多かったそう。
今では、サプリメントが進歩して体調を崩すこともなくなり、大橋ジムのボクサーには栄養士がついて、体づくりや減量の手助けをしているそうです!

*大橋秀行さん×選手の育成*

八重樫選手や井上選手など、名だたるボクサーを輩出してきた大橋ジム。
強くなる選手の特徴は”素直な負けず嫌い”
素直に言われたことを実践していく選手が成長する。
また、その選手の気持ちがもともと強いのか弱いのかを見極めることも大切!
いくら強がっていても、試合前になると緊張で震えてしまう選手もいるそうで、そこをちゃんと判断して、かける言葉も考えなければいけない。
井上選手の場合は、デビュー戦の時に自分の入場曲がサビになるまでリングに出て行かない、という余裕を見て「こいつは大丈夫だ」と思ったそう。

*大橋秀行さん×メンタルトレーニング*

試合のことを考えると、寝れなくなってしまう選手もいるそうですが、そういう選手には、もっと試合のことをイメージして寝なさい、とアドバイスをおくる!
一見逆効果に思えますが、人は初めてのことに出くわすと緊張するから、事前に何回もイメージトレーニングを繰り返すことで、試合当日はスムーズに動くことができる。
また、ボクシングは試合数を重ねると緊張しなくなると思われがちですが、試合をするほどに恐怖を感じて、緊張は増していく。だからこそ、しっかりとイメージを持って試合に臨むことが大切になってくるのだとか。
ボクサー以外にも、使えるメンタルトレーニングの仕方を教えていただけました!

✴︎オンエア楽曲✴︎

贈る言葉 / 海援隊

来週も引き続き、大橋秀行さんが登場!
お楽しみに!

 


『篠田麻里子のGOOD LIFE LAB!』では、皆様からのメールを募集しております。
あなたの生活や人生プランのお悩みや、ラボのメンバーたちに聞きたいこと、気軽な質問もOKです!!

メール:lab@tbs.co.jp
おハガキ:〒107-8066 TBSラジオ『篠田麻里子のGOOD LIFE LAB!』