お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

12月1日(日)のゲストはタレント、アーティスト・ベックさん▼メッセージテーマは「忘れられない友達」

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。12月1日(日)の放送は…

▼ゲストに、タレント、アーティスト・ベックさんをお迎えします。

▼メッセージテーマは、「忘れられない友達」です。

ちなみに、にち10スタッフの「忘れられない友達」は…、

「通っていた中学校は、携帯の持ち込みが禁止だったのですが、ある日の授業中、友人の携帯のバイブ音が…。友人はボイパをして誤魔化していました。彼女は今でもボイパが得意です」(20代♀・アシスタントディレクター)

「中学生の頃、近所の高校生ぐっさんとよく遊んでいたが“俺は学校でモテる”だの、“お年玉を30万円もらった”だの、嘘みたいな自慢ばかりする人だった。ある日のこと、ぐっさんが“ロッテの応援団に入った”と言い、下手なトランペットを披露するので、また嘘だろうと思っていた。後日、TVの珍プレー好プレーを見ていると、みのもんたさんのナレーションで『寂しいロッテの応援団』と彼がアップで映った。ぐっさん、疑ってすまなかった」(40代♂・プロデューサー)

「小学生の頃、隣の家に住んでいた男友達はスポーツ万能の美少年で、成績も学年トップ。言うことなしの学校中の人気者。ある日、彼の人気ぶりをお姉さんに伝えたところ『あいつ、家では毎日足の爪を噛んでいるけどね』と暴露。人気者にもストレスはあるんですね…」(30代♀・おでかけリポーター)

「実家の隣に住む2つ下のN君は私を大変慕ってくれており、小学校、中学校だけでなく、高校と大学の学部、入っていたサークルまで私と同じ。“こんなに追いかけてくれてかわいいなぁ”と思っていたら、先日私を追い越し、結婚。あれ? 急にかわいくないぞ…結婚式の余興を頼まれましたが断りました。小さい男だな…」(30代♂・ディレクター)

「小学校のときの同級生、鈴木君はクラス1の石頭として知られ、ある意味、尊敬されていた。遠足で高尾山に登った時、山道にお地蔵さんが。僕らが『お地蔵さんだー!』と興奮していると、鈴木君がツカツカと前に出ていきなり“ゴツン!” お地蔵さんに頭突きをかましたかと思うと、その反動で、後ろに倒れた。担任の坂井先生にものすごく怒られ、鈴木君は泣きながら、保健の先生が持ってきていた湿布薬をおでこに貼った状態で山登りを続けた。あれから30数年…。鈴木君、君は今も石頭ですか?」(40代・構成作家)

「中学の野球部時代、監督が部員を集め『一芸を身に付けるため、自主練習を頑張ろう』という話をした。ある者はバント練習に励み、ある者は盗塁の練習に励む中、驚いたのは外野手のS君。フェンスによじ登って補球する練習を始めた。以来、“フェンス職人”と呼ばれた彼だが、最後の大会で守備機会は訪れず、代走での出場で3年間を終えた。S君、ナイスファイト!」(30代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、NEWオリジナルポストカード「ラジコ、戸田に現る」をお送りしています!Let’sハッスル!