お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

伊集院光とらじおと月の研究者・佐伯和人と「月の資源をどう使うか。その発想の転換が必要!」2019年11月26日(火)放送分

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。

11月26日(火)10時からのゲストコーナー「伊集院光とらじおとゲストと」のゲストは月の研究者・佐伯和人さん

月の研究者・佐伯和人さん。「今さら、月って?」という質問からスタートしたゲストコーナー。じつは世界ではいま、アメリカ、中国、ロシアなどを中心に、月の探査・開発をめぐって激しい競争が水面下で始まっていて、特に中国の動きをみた米国・トランプ政権が急ピッチで月への事業を加速させているのだそう。そして、月の資源をどう使うかが今後のポイントになってくるのだとか。詳しくはタイムフリーで。

伊集院光とらじおと佐伯和人とhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191126100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

佐伯先生から一部、修正です。
「番組でクマムシを月面にぶちまけたのは、9月に着陸失敗したインドのチャンドラヤーン2号と話しましたが、クマムシを搭載していたのはそちらではなく、4月に着陸失敗したイスラエルのベレシートの方でした。お詫びして訂正させていただきます。どちらも成功すれば世界で4か国目の月面着陸成功国が誕生するという重要な計画でした。(佐伯和人)」