お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

祝!イモトアヤコ、結婚おめでとうスペシャル!

イモトアヤコのすっぴんしゃん

「すっぴんしゃん」もう一度聴きたい方は、
下の黒丸をポチッとすれば聴けますよ♪

イモトアヤコのすっぴんしゃん | 2019/11/27/水 21:30-22:00http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191127213000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)


日曜の「イッテQ」生放送で発表したイモトが、“私にとってアットホームな場所”という「すっぴんしゃん」でも結婚報告をしました。番組では『祝!イモトアヤコ、結婚スペシャル』と題して、リスナーからのお祝いメッセージや結婚への質問を紹介。電撃発表の翌日のラジオ収録とあって<新婚1日目のイモト>が、何を話すのか注目が集まりました。

イモト:(安室奈美恵のCAN YOU CELEBRATE?が流れて)安室ちゃーん、ありがとう!嬉しい! 11月24日の「イッテQ」生放送で結婚を発表させてもらったんですけど、次の日のラジオ収録で。昨日もみんなに祝ってもらって嬉しい気持ちになって、今また2回目の嬉しい波が来てます!今回の結婚発表でいちばん思ったことは、私はほんとにいい人に恵まれてるなって感じました。それが嬉しかったです。

お相手は「イッテQ」の石崎ディレクター
「内村さんへの結婚報告も一か月くらい前」というほど、トップシークレットだった今回の結婚の経緯について、イモトから報告がありました。まずはそのお相手のことから。

イモト:相手のことを言いますと…(照)「イッテQ」で12年間お世話になっている石崎ディレクターで。びっくりするのがみんなが当たり前のように知っているという(笑)それくらい番組ではおなじみのディレクターさんなんですけど。現在41歳。12年前に「イッテQ」オーディションで出会って、初めて行ったコモドドラゴンも、そのあと行った山のロケもぜんぶ石崎さん。いろんなディレクターさんと行くんですけど、全体の7割か8割を石崎さんと行っています。

家族よりも多くの時間を過ごし、約200日間一緒にいた時期もあったという2人。

イモト、戦友に“恋”が芽生える
12年間のうち11年はお互い異性として見ることなく、「戦友」としていろんなことを一緒に乗り越えて来たというイモト。それがいつ、何がきっかけで“恋”に変わったのか。

イモト:人間としてディレクターさんとしても尊敬はしてたんですけど、それがこう…結婚相手としてみるようになったのは、2年前に「南極登山」で。最後、アタック手前で石崎さんが高山病で行けなくなって。私が行くことになったんですけど、その時に普通に空気のようにいた方が急にいなくなって、自分の不安な気持ちに気づいた時「あれ、これはなんだろう…」という少女漫画のような(笑)「私もしかして…好きになっちゃったのかな…」って(笑)

山という過酷な状況で自分の気持ちに気づいたのかもしれない、と振り返ったイモト。

イモト、石崎Dに告白する!
好きという自分の気持ちに気づいたイモトは、南極から帰国後、気持ちを伝えるかどうか悩みぬいて、ようやく告白することを決意。

イモト:どうやって告白したかと言いますと…(照)今まで2人で食事に行くことは一度も無かったんですけど、勇気を出して伝えようと思いました。同じ番組を作っている以上、私が番組に迷惑をかけるんじゃないか、気まずくなるんじゃないかという気持ちはあったんですけど。でも最終的に思ったんですが、「私はそんなことで関係性が崩れるようなことは12年間でしてきていないな」ということに自分で気づいて自信が持てたので、よし、これはちゃんと気持ちを伝えようと。

近所の焼き肉屋に石崎ディレクターを「相談事がある」と呼び出したとイモト。そして、いざ気持ちを伝えるという時に・・・

イモト:相談事があるんです
石崎D:僕にも心当たりがあるだよね
イモト:もし当たったら、はいそうです!と言います
石崎D:(真面目な顔で目を見つめられ)性転換か? だとしたら応援するぞ!
イモト:え、ええっっっーーー!?

イモト:急に勇気がなくなりました(笑)私、お手紙を書いていたんですよ。自分で直で言うと気が動転して何を言うかわかんないと思って。言いたいことは手紙にまとめて彼の前で朗読するっていうリアル・ラブレターズみたいな朗読劇をやってみようと思って(笑)2人っきりの空間でやりました。で、石崎さんにちゃんと好きですってことを伝えたんですけど、彼は本当に女性としてみてなかったので驚かれていて。私もすぐに答えとはと言いませんと言ったら「わかりました、時間をください」と言われて。

イモトの愛の告白後、2人でロケに
イモトが4月上旬に気持ちを伝え、石崎ディレクターの返事があったのが5月下旬。実は、その間“返事待ちの状態”で2人は一緒にロケをしていたという。

イモト:(石崎ディレクターから)そのロケが終わるまでは待っていて欲しいと言われたんですよ。正直フィフティ・フィフティ、フラれるかもしれない、OKかもしれないという状態。それがあの台湾で行われた安室奈美恵さんとサプライズで会うロケだったんですよ!だからわたし的にはあのロケはいろんな意味で思い出が詰まったロケで。行くときは、まさか安室さんが出てくるとは思ってないから、フワフワしたままで大丈夫かな…という気持ちの方が大きかったんです。

安室奈美恵のサプライズ登場に、イモト「告白したことが吹っ飛んだ(笑)」
<スクール水着になったイモトのケツを、石崎ディレクターが引きずる>という“ヒップスライディング”をロケでやったことで、イモトは2人の関係性を改めて実感。

イモト:今思うと、私=告白した人、石崎さん=告白された人、でもまだ返事をもらっていない、そんな2人が台湾ロケでケツを引きずるっていう(笑)すごい状況だな、私はいったい何をしているんだろうって自分で思いながら(笑)その時に思ったのが「全然大丈夫だ!」と。やっぱり12年間その関係性でやってきたんだから、何の気まずさもなく、いつも通りのロケができたんですよね。だからそのロケをやってみてフラれたとしても大丈夫だなと感じたのは覚えています。で、ロケの後半では、安室奈美恵さんが出て来てくださったことによって、告白したことも吹っ飛ぶくらい(笑) あのロケは私にとってものすごくいろんな意味で思い入れの深いロケですね。

イモト:ロケ後に(石崎ディレクターから)食事に誘っていただいて、そこで結婚前提にお付合いをいたしましょうという返事をいただいて。そこから約1年半、コソコソ隠れて愛を育み、みなさんに楽しんでもらえる放送になればいいなという気持ちで昨日を待っていたので。放送が終わって、嬉しいのもありますけど安堵の方が大きいかもしれないですね。

イモト、2018年は確変の年!
イモト:2018年は「イッテQ」恒例の“運勢占いランキング”で1位を取ったり、南極に無事に登れたし、1人の人を好きになることができて自分の気持ちを伝えることができたし、大好きな安室奈美恵さんに会うことができたし、そのあと好きな方と両想いになることができるっていう、私、2018年は“確変”だったんですよ!自分的に来てる!って思ってましたね(笑)

【新婚・イモトさんに、リスナーの質問を紹介】

Q:石崎ディレクターはイモトさんのどんなところが好きと言ってくれてますか?
イモト:(照)自分で自分のことを言うのはすごく恥ずかしいですけど、お互い尊敬し合ってます! リスペクトできるところ、あと何でも何でも食べれるところ、と石崎さんが言ってくれています。

Q:もう一緒に住んでいる?いつから?? なんて呼び合っている?
イモト:年内はお互い別々に住んでいるところがあって、来年以降、新居も含めて考えていこうかなと。わかんないもんですね、マンション買った時は独身ライフを楽しもうという間取りで買ってますから。まさかこんなにすぐ…。だったら2LDKにすればよかったみたいなことを今さら思ってますけど。
(なんて呼び合ってますか)…これ絶対聞かれますよね。さらっと言います、私は彼が石崎史郎さんなんで「史郎」と呼んでいます。石崎さんは「アヤちゃん」と呼んでます、はい(笑)

Q:結婚した実感は?
イモト:今日、新婚1日目なんです(笑) 昨日(日曜)の生放送が終わって、そのあと婚姻届を出しに行ったんですよ。時間外受付に行って2人で婚姻届を出してタクシーに乗って家に帰ったんですけど。その時にタクシー運転手の方が降り際に「ご結婚おめでとうございます」と言ってくれた時に「あれ、私、結婚したんだ!」って(笑) あと今日いろんな方にメールを返している中、イッテQのグループLINEがあってみなさんにお礼を言ったあとに「主人共々よろしくお願いします」と自分で打ちながら「うわぁ〜結婚したんだ!!」って(笑)内村さんから「イモトの口から“主人”というのは感慨深いものがあるなぁ」って言っていただいて。今後さらっと主人と言えるようになればいいなと思っています。

Q:海外経験が豊富な2人。新婚旅行先は?
イモト:アフリカも行って南極も行ってますから。2人で行ってない大陸は無いです。で、どこに行こうかという話はしていて、2人とも「新婚旅行は国内がいいよね」と、一致したんですよ、不思議なんですけど。もちろん海外でいろんないい場所も行きたい場所もあるんですけども、日本が良いよねって。「伊豆」か「鹿児島」かそのあたりを考えています(笑)国内で温泉旅行をしてみたい。これマジで2人の新婚旅行の候補ですね。
あと、結婚式もね。うち実家が鳥取で85歳のおばあちゃんが足が悪くて。おばあちゃんに見て欲しいから結婚式は鳥取でやろうと考えています。いつどこでとかは決まってないですけど、お互いの家族が集まって結婚式はできたら良いなと思うし、素敵な方達とお仕事できていると実感できたので東京で披露宴、パーティーができたら良いなと。(結婚式は和装?洋装?)やっぱり安室奈美恵さんのCAN YOU CELEBRATE?は流してヴァージンロードを歩きたいし。ウェディングドレスが良いんじゃないかなと思っています。

放送のエンディングでは、今後も仕事を頑張るとともに結婚して良かったねと言ってもらえるような人になりたいと抱負を語り、「今後ともイモトアヤコ、そして“イシザキアヤコ”をよろしくお願いします」と新妻感をアピール。そして最後には「石崎さん、大好きだよーーー! よろしくねーーー!!」と叫ぶなど、終始、幸せいっぱいの様子でした。

TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(11月27日・水曜放送より)