お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2019年11月17日「ミラクル・サイクル・ライフ」<モデルの高山都さん、ポートランドで自転車の魅力を再発見する!?>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

モデルの高山都さんをお迎えしました。
1982年12月27日生まれ、 大阪府のご出身。
モデル、女優、ラジオパーソナリティーなど幅広く活動されていて特技はマラソン。
2016年の横浜マラソンは3時間41分17秒という好成績だったそうです。
そんなマラソン好きの高山さんですが普段自転車に乗る習慣はないそう。
しかし、雑誌「PAPERSKY no.61 オレゴン特集」の企画でアメリカ・ポートランドを訪れ、サイクリングを経験され、その体験談を語っていただきました。
ポートランドはこの番組でも時折名前の出る街。
疋田さんも「アメリカで一番自転車が走りやすい街。サイクリストのことを考えた街作りのモデルになるところ」と熱く語ります。
実際に訪れた高山さんも「景色がキレイ。街がコンパクトなので自転車で走りやすく、治安もいい。たとえば、食品は生産者の顔がわかるものを選びたいなど、高い意識をもったライフスタイルの潮流を作った先進的な街のひとつ」と絶賛します。
そんな街で高山さんが乗ったのはレンタルのロードバイクで距離はおよそ30km。
自転車に乗るのが何数年ぶりということで、高山さんは最初、怖かったといいます。
ところが、道そのものがサイクリストにやさしい作りになっていて、たとえば、大通りは道の真ん中に自転車レーンがあるのだそう。
道路の中心を自分の足で漕いで走るという人生初の経験に感激したと話します。
車とか自転車とか関係なく、この道をみんなで仲良くシェアしましょうというのがポートランドの精神。
「この家のバルコニーって素敵だな」「キレイな花だな」など、普段、車だと見過ごしてしまうことも気づかされたと語ります。
あまりにそのときの印象が良く、帰国すると「東京でも走ってみたい」と思ったそうです。
詳しくは音声でお楽しみください。

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!