お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり
  • PR

「母の喜ぶ顔を見るのが一番の幸せでした」最愛の亡き母への思いを語る 川中美幸さん 有馬隼人とらじおと山瀬まみと

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

毎週金曜日朝8時30分から11時まで放送中の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
有馬隼人とらじおと山瀬まみと

11月15日は、歌手の川中美幸さんをお迎えしました。

大阪府吹田市出身の川中美幸さんは、1977年に歌手デビューし、1980年発売の「ふたり酒」が100万枚を超える大ヒットを記録、NHK紅白歌合戦に初出場を果たします。1998年に発売した「二輪草」も大ヒット。日本レコード大賞の優秀作品賞を受賞し、現在も、夫婦愛の名曲として歌い継がれています。日本を代表する演歌歌手として活躍する一方、女優としての顔も持ち、第66回文化庁芸術祭大賞を受賞しています。天性の明るさと、確かな歌唱力を武器に第一線で活躍を続けていらっしゃいます。

出身地が大阪府吹田市の川中美幸さん。有馬隼人も幼い頃に吹田市に住んだことがあり、早速、有馬お得意の「地元トーク」で始まりました。山瀬まみとは、おそらく「数十年ぶりの再会」という川中さん。しきりに「まみちゃん、変わらないね~」と繰り返していました!また、有馬を「イケメンやねえ」と褒めちぎっていました。

川中さんにとって、自らをずっと支えて下さったお母様が一昨年、他界されました。歌手デビューしたものの芽が出ず、いったん大阪に帰った川中さんを励まして、再デビュー、そして「ふたり酒」の大ヒットへのきっかけを作ってくれたお母様。番組では、お母様の思い出をたっぷりとご披露くださいました。また、現在、「応援大使」として、全力で応援している「パラリンピック」のことも、いろいろ話していただきました。

川中美幸さんのニューアルバム「おかあちゃんへ ~少しサヨナラ~」が、テイチクから、本体価格2800円で発売中です。最愛のお母さんが亡くなられて3回忌です。お母さんに対する変わらない思いを胸に「母」をテーマにした16曲が収録された1枚です。お近くのCDショップ、テイチクのホームページのオンラインショップ、インターネットのCD販売サイトでお買い求めください。詳しくは、川中美幸さんの「オフィシャルサイト」をご覧下さい。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年11月15日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191115100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)