お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 今の安倍政権、野球に例えるとどんな状況だと思いますか?

森本毅郎 スタンバイ!

安倍政権がゴタゴタ・バタバタしていますね。相次ぐ、大臣のスピード辞任から始まり、ここへきて安倍総理主催の【桜を見る会】が問題になりました。来年度の【桜を見る会】は中止に。傷口の拡大を避けるため、早期決着を図ったと見られていますが、今後、安倍政権はどうなっていくんでしょうか??そこで・・・。今日は、野球のプレミア12の観客席がなんだかガラガラで心配なので、エールを送る意味を込めてこんなテーマにしました。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、11月15日(金)は、金曜日恒例のサラリーマンの声。『今の安倍政権、野球に例えるならどんな状況だと思いますか?』というテーマで街でみなさんにお話を伺いました!

 

今の安倍政権、野球に例えるとhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191115073335

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 

★9回裏。かなり追い込まれている感じ!

●「満塁でピッチャーがカウント、ノースリー。ノーアウトだろうが、ツーアウトだろうがノースリーですからね。3球続けてストライク取らないといけないから厳しい。」
●「バッター三振アウト。バッターは安倍さん。回は9回の裏で最後のバッター。三振。振ってない、見逃しですよね。振れなかった(球が良かった)球もヒョロヒョロ球、それも振れなかった。」
●「野球に例えると9回表で9対0でボロ勝ちしていたのが、いきなり満塁ホームラン打たれて、ランナーもう一人出ちゃって、ちょっとアレ?っていう状態でオタオタしてる感じ。アウトカウントはまだノーアウト。流れ的にちょっとヤバい。」

満塁でピッチャーのカウントがノースリー、つまり、ストライクが入らない。【桜を見る会】を中止してもストライクが取れないんですね。9対0と大量得点があったにもかかわらず、満塁ホームランを打たれて、さらにランナーが1人塁に出ている・・・流れ的にはヤバい状態ですよ。挙げ句に9回裏・最後のバッターで見逃し三振・・・厳しいですね。追い込まれている感じはしてるわけです。

★5回裏、まだ中盤。挽回のチャンスはある!

傷口は深刻かな~と思うんですが、こんな意見もありました。

●「9回裏までいかないでしょう。まだ半分くらいの5回の裏でちょっと大ピンチを迎えているとそんな感じ。5回の裏攻められてここで一つ打たれたら逆転されちゃうと、9回裏ではないと思います。余裕がまだあるかなというイメージではある。だから逆転されてまた逆転するチャンスはある。」
●「野球は中盤で、ランナー満塁だけども、まだ少し余裕がある感じ。点数的にはまだリードしてる、点を取られそうになってる。例えば満塁で4番がバッターボックスにいるみたいなところだけど、まだホームラン出てるわけじゃないし、出ても挽回出来そうかな。微妙だけども、まだちょっとそんな切羽詰まってる状態ではない。」

この状況でも、挽回出来そうな印象があるんですね。ピンチはピンチだと思っていますが、試合はまだ中盤だから、攻撃の回数は残っている、と。だから、逆転されても再逆転するチャンスがあるということです。安倍さんって人気高いんですね。逆転する力がある、ということですものね。

★野党チームが1点を守り切れない!

そんな中、こういう声もありました。

●「試合で言うと今、ちょうど中盤で1点リードされてるくらいのもんじゃないの?これから、要するに終わってみれば引き分けって感じじゃないの。(点、追いつく?)うん。(逆転は?)逆転はしない、あれは。要するに野党がいくら勢いづいたって安倍政権を倒そうと思ったらそれなりやっぱり革新的な何かがないとね。あの程度じゃ無理。やっぱりピッチャーがダメ、監督もダメだしね。」

野党チーム、勢いはあるけど、たった1点のリード。安倍チームに追いつかれて、お互い決定打が出ないまま引き分け、とのこと。1点を守りきれないんです・・・弱いですね~。良いピッチャーもいなければ、監督の采配も良くない・・・人材不足ですかね。

★両チームノーヒットのダメダメ試合!

そして、こういう声もありました。

●「9回表くらいで、どちらもずっとノーヒットで膠着状態で来てるような状態。これからもう一度9回、最後の自分たちの攻撃なんだけど、まだ何も打つ手がないみたいな。(0対0ということは打てないんですか安倍チームは)そう、ヒットが出ない。いっぱい、振り回してるんだけど、やみくも振り回してる。(ピッチャーがいいの?)相手のピッチャーは普通。そんな良いピッチャーが出てるわけじゃないんだけど打てない(長期政権で安定してるから点がたくさん入ってるかと)結果、入ってない。(試合の結果は?)このままずっと延長12回で再試合になるかもしれない。」

この方は、安倍チームを評価してないようですね。長期政権ですが、ノーヒットだそうで、やみくもに振り回してるだけ。しかし、一方の野党チームもノーヒット。投手戦の緊迫した、いい試合を展開してるわけでもなく、お互い、打つもダメ、投げるもダメのダメダメ試合。・・・そんな国会ってどうなのよ、と困っちゃいますよね。延長12回で再試合・・・まだまだこの状況が続くの?と思ってしまいましたが、あくまでこれは個人のイメージです。

★今回は、本人のエラーだから・・・

最後にこんな声がありました。

●「試合の流れで言うと前半戦は大量リードで楽勝ムードでずっと走っていたんだけど、中盤を過ぎて今終盤7回くらいかな。そこで思わぬ、最初は自分以外のところでエラーとかが続出したんだけど、今度はついに自分のエラーが出ちゃって、気が付いたら尻に火がついてるなって感じかな。点数でいうと、前半5対0くらいでリードしていたのが、今エラー続出で5対4くらいになってる感じ。これからのやり方によっては逆転される可能性も。それを自民党とか周りが守り切って逃げ切るか、野党の攻め方がうまくてもっと危ない局面に持っていくというところ。今までは圧倒的に自民党、安倍政権優勢で野党は攻めどころがなかった。今回はちょっと本人の問題だから危ないなと。」

そう、今回は本人のエラーなんです。言うなれば、エースで4番のエラーですから、チームにとっては大打撃です!さて、周りの野手が打撃で頑張ってくれるのか、またエラーを出しちゃうのか、はたまたエースが自滅してしまうのか、注目です。

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。