お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「昔っからひねた顔してたんだよね(笑)」伊集院光とらじおと舞踏家で俳優・麿赤兒と!

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおとゲストと」

「伊集院光とらじおとゲストと」

今日のゲストは舞踏家で俳優・麿赤兒さんでした。

師匠?コワモテ?悪役?など、独特な存在感を放ち続ける麿さん。冒頭、伊集院さんが「僕的には物心ついた時からもう、このイメージの麿赤兒さんだったんですよ」と口火を切ると「いや~昔っからひねた顔してたんだよね(笑)」と笑い飛ばす余裕!
もちろん、ひねてなんていません!唯一無二の顔ぢからです!

芝居との出会いを聞かれると「父が戦死して親父というものを知らなかった。芝居は中学から自分で勝手に脚本を書いたりしていた。自分も含め、学校は訳アリの連中ばかりだったんだけど、でも家に帰りたくなくて『下校拒否』の雰囲気の中、芝居と出会いましたね」と、もうそれだけで一本作品ができてしまうほど、芝居と自然かつ運命的に出会ったとのことでした。
高校を卒業後、東京で唐十郎さんの「状況劇場」とこれまた運命的な出会いを果たします。当時は学生運動全盛期、芝居では、実際に火のついた松明を背中に担ぎ演技をするという破天荒な上演もしたとか。ご本人いはく「学生運動エネルギーに対抗したかった。人に火ぃつけるのはダメだけど、自分につけるならいいだろうと」と豪快に言い放つなど、お若い時より「麿赤兒」が醸成されてきたんだな、とわかるような放送でした!

伊集院光とらじおとゲストと 2019年11月14日(木)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191114100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)