お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【梅×ヨーグルト!?】茨城県のご当地食品ベストバイ

ジェーン・スー 生活は踊る

2019年11月13日のゲストは、スーパーマーケット専門家の谷尻純子さん

プロフィール
IT企業で主婦向けWEBメディアの編集業をしつつ、個人では、ご当地スーパーとご当地食品の紹介サイト「ゴトウチスーパードットコム」を運営。・東京から、北へ南へ、全国のスーパーへ毎月足を運んで面白いご当地食品をチェックされています。

11月13日は茨城県民の日

茨城県民の日の由来ですが、茨城県のHPによると、1871年=明治4年に廃藩置県が行われ、その年の11月13日に、はじめて「茨城県」という県名が用いられたそうです。
その後、1968年=昭和43年に制定された「県民の日を定める条例」により、この11月13日が「県民の日」と定められました。そんな茨城県には、たくさんのご当地食品があります。そんな中から、わたしがイチオシする「茨城のご当地食品」をご紹介します。

一度使うと浮気できない美味しさ!柴沼醤油醸造の「紫峰しょうゆ」


板前仕立て醤油を、家庭で手軽に使えるようにと40年前に誕生した商品。 筑波山は紫に霞んで見えることから、雅名を「紫峰」と呼ぶ。この商品はそこから命名された。

木桶で熟成させた諸味を絞った生醤油に、天然のかつおだしやみりんを加えて作られただし醤油。茨城県に行ったらこのお醤油はマストバイ!1度使うと他には浮気できないおいしさ。まろやかで風味豊かなだし醤油で、少し使うだけでも味がグッと引き締まる。お刺身用として使ったり、冷ややっこにかけたりすると良い。だし醤油ではあるが、通常の醤油としても十分使える味の濃さなので普段使いにも。

一般的な醤油の辛さが強すぎて苦手な方に特におすすめ。レモンや柚子を搾って紫峰しょうゆと合わせると簡単に美味しいポン酢ができる。また、同社のある土浦市はレンコンの産地。販売元おすすめの食べ方は紫峰しょうゆとお酒を合わせて、簡単にレンコンのキンピラを作るというもの。

茨城県以外では、食品店「富澤商店」や同社の通信販売で買える。 2000年12月暮れ「TBSテレビ はなまるマーケット」で、醤油大好きの7代目市川染五郎さん(現松本幸四郎さん)が、全国のおいしいお醤油の中から「一番のお気に入り」として「紫峰しょうゆ」を選んだそう。

2018年の襲名披露前に、わざわざ市川染五郎さんが弊社工場までご挨拶に来られたとのことです。
お値段は、酸化しにくいフレッシュボトルに入った、450mlタイプのものが450円。

意外な組み合わせだけど、やみつきになる。小美玉ふるさと食品公社の「梅&ヨーグルト」


茨城県小美玉市は全国でも有数の酪農地域。去年行われた「ヨーグルトサミット」の第1回目も、生産元がある小美玉市で開催された。このサミットには全国各地からご当地ヨーグルトおよそ100種が集合した。

1991年創業(創業28年)の企業が手掛ける変わり種ヨーグルト茨城県一の生乳産地、小美玉市産の生乳を使用。生乳使用率は92%。緩めのヨーグルトはまろやかで少し酸味と甘みを感じる風味。ヨーグルトの中には国産梅のグラッセが一粒丸ごと入っている。甘めにグラッセしてあるので、意外にも食べやすく病みつき。

ちなみに、発売当初は梅も地産地消を目的に茨城県産のものを利用していたが、メーカーがなくなってしまい現在は国内産とのこと。梅を入れようと思ったのは、「大手メーカーができないもの、競合商品が少ないもの」という独自性の視点や食べた時の驚きや面白さというユニークな商品開発という視点から。茨城県を中心に商品を販売。
ちなみに、シリーズ品には金柑が丸ごと入った「金柑&ヨーグルト」もある。お値段は180円。

その食感がたまらない!だるま食品の「そぼろ納豆」


納豆と刻んだ切り干し大根を合わせた「そぼろ納豆(しょぼろ納豆)」は、
茨城県発祥のご当地食。県内のスーパーには複数メーカーのそぼろ納豆が並ぶ。この商品は納豆の本場・水戸市に本社をおくだるま食品のもの。国産大豆、国産大根を醤油、みりんで味付けしたもの。味がついているので、たれをかけずともそのまま食べられる。

切り干し大根の食感は「しゃきしゃき」ではなく「クニクニ」っとした感じ。初めて食べる歯ごたえで、その食感自体がなかなか面白い。粘りは普通の納豆よりも多少控えめ。また納豆の香りは結構しっかりしているので、納豆好きにはたまらないはず。他のそぼろ納豆に比べて大豆の粒が大きく、大豆のおいしさがしっかり感じられる。

シンプルな味付けなので、お酒のアテなどにしてそのまま食べるのはもちろん料理の具材にしてもおいしい。おすすめはこの商品を使った納豆チャーハン。ネギとたまごと合わせれば豪華な1品が完成!だるま納豆からは同商品の他にも、普通の納豆やキムチそぼろ納豆、納豆カレーや納豆ラーメン、ドライ納豆、納豆スナックなどありとあらゆる納豆商品が発売されている。
お値段は、150g入りで300円

「ゴトウチスーパードットコム」のHP
https://gotouchisuper.com/