お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

広がる300円ショップ ライバルは100円ショップにあらず!?

森本毅郎 スタンバイ!

今回は、100円ショップよりちょっと高い【300円ショップ】がこのところ急速に広がっているという話を聞き、取材してきました。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまる「現場にアタック」!!11月13日(水)は、『広がる300円ショップ ライバルは100円ショップにあらず!?』というテーマでお届します!

 

 

★300円ショップは100円ショップと何が違うのか?

これまで300円ショップは【3COINS(スリーコインズ)】というお店が大阪を拠点に全国に展開していましたが、100円ショップ(100均)と比べると、参入企業もお店もだずいぶん少なかったんです。ところが今、【CouCou(クゥクゥ)】【ミカヅキモモコ】など、他社もお店を増やしているのです。

また、100円ショップの大手【ダイソー】を運営する会社も【THREEPPY(スリーピー)】という300円ショップに力を入れています。今月には、葛飾区亀有に、東京23区初となるTHREEPPYを従来の【ダイソー】の中に併設、オープンしました。

この300円ショップ、100均と何が違うのか? 200円高い分、ちょっといいものが置いてある…ということではないようなのです。詳しい方にお聞きしました。消費経済ジャーナリストで、ご自身も100均をよく利用しているという松崎のり子さんのお話です。

松崎のり子さん
「ひとくちで言うと、【安さと機能の100円ショップ】【センスとデザインの300円ショップ】。100円ショップというのは基本的に生活用品、例えば掃除用品のように絶対使うもので、しかもずっと持っているものではなくて使い捨てしたり消耗したりというものを安く買う目的で行くところです。300円ショップは、生活必需品というよりも、あったら暮らしにちょっと潤いが生まれるなというものを、プチプライスで買いに行くところ。どちらかというと雑貨を安く買うところというすみわけではないかと思います。」

つまり、置いてある商品のラインナップが違うんです。100均のほうは、とにかく幅広く商品を揃えています。一方の300円ショップは、もう少し商品を絞っているのです。

★300円ショップでコレ買います!

では、実際に300円ショップでどんなものが買われているのでしょうか。街のみなさんにお聞きしました。

●「アクセサリーを買います。結構クオリティー高いから。このピアス、300円。」
●「イヤリングとかアクセサリー。【Lattice(ラティス)】というお店と【3COINS】。100円ショップと300円ショップだと質感が違うし、かわいいと思うものが300円ショップは多いので。」
●「これ買いました、スマホケース。300円!」
●「収納ボックスみたいなものを買います。かわいい柄が多いのと、割としっかりしてる。」
●「オタクグッズ。ジャニーズJrの応援グッズ。うちわ専用のファイルがあるので。ファイルの下に穴があいていてうちわの柄がスポンと通せる。そういうオタクグッズを買いに行きます。」

アクセサリーを買っている若い女性がとても多かったです。たしかに300円に見えない!! 可愛いし、数も買いやすいですよね~。そのほかには、収納ボックスとか小物入れとか、インテリア関係が多いようでした。みなさん口をそろえて「かわいい!」と。

★100円ショップで買うものは・・・?

一方、100均になるとお買い物がどう変わるのか。聞いてみました。

●「子供がいるのでお弁当の入れ物とかおにぎりの型とかラッピングとかかわいいデコレーション的なもの。あと文房具。連絡帳とか国語ノートとか。」
●「私、ボールペンが多いです。職場で結構使うので。」
●「生活用品は100円ショップで買います、キホン。ハンガーのいっぱいついているやつとか。」
●「店をやってるんですけど、お店の備品。ボウルとかタワシ。あとダクトのフィルター。」
●「自分、独り暮らしなので家事ものが多いです。スポンジ、ごみ袋、箸とかお皿とか。」

グッと生活感が出てきて、300円ショップとの違いを感じました。100均は便利グッズやアイデアグッズが人気で、300円ショップはオシャレが売り。消費経済ジャーナリストの松崎さんが【安さと機能の100円ショップ】【センスとデザインの300円ショップ】とおっしゃった意味が分かりました。そして、もうひとつの違いは、100均についてのインタビューになると男性の声が出てくる! 実は今回、街でお話をうかがった中では、300円ショップを利用したことがあるという男性には出会えなかったのです。

★なぜ今300円ショップが人気なのか!?

では、この300円ショップが、いま注目されてきたのはどうしてなのか? 松崎さんに聞きました。

松崎のり子さん
「300円ショップが急激に注目されてきたのは、SNSの影響が大きいと思います。今の若い世代はインスタなどSNSで自分の買うものを検索するような消費行動をするんですね。ショップ側もSNSでの発信をすごく重視しています。SNSで検索したときにすごくかわいらしい300円ショップの商品が見つかる。しかも今の若い人はコスパ(コストパフォーマンス)重視世代でもあるので、コスパを重視しつつSNSとかインスタで物を探すという世代にすごくマッチして300円ショップがすごく注目されているんじゃないかと思います。100円ショップは店舗の数が多いので、リアルなタッチポイントが多い。SNSでというより、リアルに探すところですよね。こんなものがあるんじゃないかと宝探し感覚でショッピングを楽しむところなので、実際に行ってリアルで見つける楽しみのほうが大きいんじゃないかと思います。」

今の若い方は、いわゆる【検索サイト】で物を探すというより、【インスタやツイッター】で話題のものを探して、買い物をする。しかも、コストパフォーマンスをすごく求めている。そこに、フィットしたのが300円ショップということなのです。

松崎さん曰く、100円ショップはデフレの申し子で、300円ショップはSNSの申し子! 納得ですね!!

★300円ショップのライバルは100均にあらず!?

今後、100均と300円ショップはお客さんの争奪戦になるのでしょうか…? そう思って松崎さんにお聞きすると、300円ショップのライバルはほかにありそうだということなんです。

松崎のり子さん
「今度はフリマアプリで物を見つける人との闘いになっていくんじゃないかなと思っています。今、スマホを使ってSNSとかインスタで物を探す人が多いから、スマホアプリで買っちゃうということになる。100円ショップはスマホアプリで買うには逆に高くつきますし、近くにお店があるので買いに行けばいい。300円ショップはお店が必ずしも近くにないので、同じような商品をスマホのフリマアプリで買われてしまうというところがあるのかなと。そこの闘いがあるのではないかと考えています。」

100円ショップと300円ショップは競合しないのではないかというのが、松崎さんの見方です。というのも、100均が今、全国に6000店舗ほどではないかと言われる一方、300円ショップはまだ全国でも数百店舗。桁が違います。100均のほうは街を歩けばいくつか見かけるようになりましたが、300円ショップは探して出かけて行く感じです。交通費をかけて300円のものを買いに行くなら、フリマアプリで・・・となるのでは? ということなのです。

今後、お店がどこまで増えるのか、また、今はまだ少ない男性や高齢のお客さんを取り込むのか、取り込まないのか。その行方によっても、300円ショップのライバルは変わるかもしれません。

これから300円ショップが100均に負けないような魅力的な商品をこれからどんどん増やせるか期待したい一方で、100均や300円ショップの人気の背景には、なかなか景気が上向かないこともあるのではないかという気もします。

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。