お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

突然相撲し始める客…そして港区女子…。バーテンダーの愚痴の数々

ACTION

11月11日(月)のゲストコーナーは「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど…」。今回はバーテンダーのミサさん(30歳・女性・歴5年)、タカシさん(30歳・男性・歴12年)、アンナさん(33歳・女性・歴13年)に仕事の愚痴を聞いていきます!

ミサ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、近隣の苦情が大変です。


宮藤 :住宅街にお店があるんですもんね。

幸坂 :どんな苦情があるんですか?

ミサ :普通に「うるさい」とも言われますし、酔っ払って店の外で騒がれることもありますね。

宮藤 :店の中でやってくれればね。

幸坂 :取っ組み合いとかですか?

ミサ :お客さんが1回、店の前で相撲を始めちゃって。それを私、酔っ払いすぎて止めれなくて(笑)それは本当に怒られましたね。

宮藤 :えっ?喧嘩じゃなくて相撲なんですね。なんで相撲だったのかなぁ。

幸坂 :酔っ払ったエピソードはあると思うんですが、タカシさんはどうですか?

タカシ:僕、横須賀で勤めているときは米兵さんが多くて。みなさん、身体が大きいから飲む量も多いんですよね。もう熊の喧嘩を見ているようでしたよ(笑)

宮藤 :「ファッ◯ン!ファッ◯ン!」言うんでしょ?(笑)

タカシ:まぁ〜、きれいな「ファッ◯!」が聞けました(笑)

幸坂 :みなさん共通していますが、面倒なお客さんはほかのお客さんに迷惑がかからないように、自分と1対1で話をするようにしているとのことですね。

ミサ :ほかの人に話しかけないように、なんでもいいから適当に話しかけてますね。

宮藤 :もうマークしているんだ。ちなみに出入り禁止の人とかいますか?

ミサ :いますね(笑)他のお客さんに喧嘩を売りまくっている人は出禁にしますね。毎回喧嘩売るので。

宮藤 :また来ちゃったりとかしません?

ミサ :1回来ちゃった人がいましたが、速攻でシャンパン空けてくれたので(笑)それですぐ帰ってもらいました(笑)

宮藤 :タカシさんはどうですか?

タカシ:出禁まではないですが、騒いじゃう人はロックオンして、マンツーで。ヨイショ、ヨイショして飲ませて、気持ちよくさせたところで、「帰ります?」と促してますね。

幸坂 :誘導してるんですね。

タカシ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですが、実は「バーテン」とあまり呼ばれたくないです。

宮藤 :えっ、そうなんですか?

タカシ:「バーテン」という言葉がもともと、「バー」と職業に就かずフラフラしている人の「フーテン」の言葉のかけ合わせで生まれた言葉なんです。

幸坂 :差別的な意味が入ってるんですね。

宮藤 :日本語なんだ。

幸坂 :「バーテンダー」と言えばいいんですね。

タカシ:そのほうが嬉しいですね。本当は「バー」と「テンダー」で区切るんです。「テンダー」って「世話人」という意味や、「優しさ」という意味もあるんです。だからバーテンダーはみんな、優しいですよ。

宮藤 :あら、やっぱりトークが上手いね!

アンナ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、どんなに腕を磨いてもカクテルのダメ出しをしてくるお客様がいらっしゃいます。

宮藤 :どういうことですか?

アンナ:私たちは毎日練習したり、講習やセミナーに参加したり、海外の蒸留所に行ったりもするんですが、そういうことやってるのに「このマティーニ、まだまだだね」と言ってきたりする人がいるんですね。

幸坂 :素人の人ですよね?

アンナ:「とても長い間、僕は飲んでるよ」という前置きもあるんですが(笑)、あとお好みの場合もあるので、「これは僕には合わないかな」ならいいんですが、「まだまだだね」みたいな言い方は勘弁してほしいですね。

宮藤 :「うるせえよ、この野郎」と言ってやればいいんですよ(笑)

アンナ:はい、心の中では言ってます(笑)

幸坂 :アンナさん、港区女子のノリが苦手ということですが。

宮藤 :どういうノリなんですか?

アンナ:まぁ、モテを追求している女子ですよね。それでちょっと年上の男性と一緒に来てね。ちょっと前に流行ったパパ活のノリというか。”港区女子”もいますが、”港区おじさん”というのもいるんです。

宮藤 :港区おじさんにたかってるんですね。

アンナ:そうですね!そういうノリの街が港区です(笑)

宮藤 :港区、広いですよ!(笑)

アンナ:今、港区を敵に回しちゃいましたね(笑)

宮藤 :パパ活をしている港区女子もいますし、パパ活の準備をする港区女子もいますよね(笑)パパ活の情報交換をする、港区女子だけ集まっての飲み会とかありますよね。どうやって港区女子としてのし上がっていくか。

アンナ:その集まりが怖いですよね。どう周りを蹴散らして、「あの娘よりも上に行けるか」とか(笑)お酒の頼み方とか、お互い見合ってやってますよね(笑)

宮藤 :どうしよう、いつの間にか幸坂さんが港区女子とかになってたら(笑)ちょっと経験してみてくださいよ。

幸坂 :潜入捜査してきます(笑)

大変な夜のお仕事に勤める方々の愚痴の数々。ゲストコーナー全編はradikoのタイムフリーで。

11月11日のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191111162845

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)