お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ゲストは紫吹淳さん、チェリスト・柏木広樹さん!公開録音の様子をお届け【いちょうの実】

ラジオシアター~文学の扉
毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】
 今週は先週に引き続き、先日「座・高円寺2」で行われた公開録音の様子をお送りしました。
作品は宮沢賢治の『いちょうの実』。
ゲストは女優の紫吹淳さんとチェリストの柏木広樹さん。
司会進行は、TBS古谷有美アナウンサーです。

子が母から巣立ってゆく、更には生と死をいちょうの木とその実に例えたどこか独特の世界観のある「いちょうの実」。

その独特の世界観の中で中嶋さんと、紫吹さんはそれぞれのいちょうの実に、その世界観に息づいている!と感じさせる声でした。
お二人の役どころは、紫吹さんが男の子のいちょうの実を、中嶋さんが女の子のいちょうの実を担当。

紫吹さん演じる男の子のいちょうの実は未来への目標や、中嶋さん演じる女の子のいちょうの実を気遣う優しさ、さらに、いざとなったら一緒に死ねばいいと、普通の人には決断し難い決断を下せる旅立ちに対する強い意志を感じました。

中嶋さん演じる女の子のいちょうの実は、旅立ちに対する不安も垣間見えながらも、困っている男の子のいちょうの実を助けてあげる女性らしい優しさが感じられる役どころでした。
物語はそんな二つのいちょうの実が実り、母親であるいちょうの木のもとで明け方「旅立ちの朝」を迎え、それぞれの不安や期待を抱きながらも母から巣立って行く様子を、柏木さんの演奏するチェロの調べと相まってまるで実際に秋の涼しげな風が吹いているような気持ちにさせてくれました。

物語の深みを増すだけで無く物語の進行に無くてはならず、耳から入ってくる音のみで様々な感情を呼び起こす、まるで音楽は人に与えられたもう一つの言語であり、新たな感覚や感情を発見できる人には無くてはならないものであると再確認できました。

By 西村成忠

 

♪追記♪

プレゼント抽選会もとても盛り上がりました!
ご用意した本はこちらです↓

番組スタッフ

ピックアップ