お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

11月11日は「ポッキーの日」!ポッキーは時代にあわせて変化していた!?

ジェーン・スー 生活は踊る

TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」。11/8の放送より

「ボンタンアメ」「パインアメ」とこれまでご紹介してきた老舗のお菓子シリーズ。今回はもはや説明不要。スティック状の代表的なお菓子「ポッキー」です。販売元の江崎グリコと言えば、今から100年前の1919 年、「栄養菓子グリコ」の商品化に着手した江崎利一さんが創業した企業。そして、来週11月11日には「ポッキー&プリッツの日」も控えています。

ポッキーの誕生秘話

戦後の高度経済成長期。日本中が好景気に沸いた1960年代。多くの菓子メーカーの主力製品は“板チョコ”でした。

そんな時代にグリコが送り込むべき新たな商品は、他社が絶対にマネできない、独創的なものでなければならない。「創意工夫」を経営方針に掲げた創業者・江崎利一さんは大号令をかけます。「これまでの機械では作れないもの、 製造部を困らせるようなものを考えよ!」

思案を重ね、議論をくり返す日々の中で開発者は閃きました。「そうだ! 手を汚さずに食べられる、チョコを創ろう」。彼らが注目したのは、1962年に世に出した先行商品「プリッツ」でした。「これをチョコでコーティングすれば。そう持つ部分だけを残して…」。世界で初めての棒状チョコレート菓子、誕生の瞬間です。

「ポッキンポッキン」と食べる音から「ポッキーチョコレート」。そう名付けられた商品は、前回の東京オリンピックが開催された2年後、1966年に誕生し、その後、世界で100億箱以上を売り上げる不動の人気・定番商品にまで成長したのでした。

1962年に発売された「プリッツ」。ここからポッキーは生まれた。

ポッキーの味は時代に合わせて変化

これだけ長い歴史を持つポッキーは、果たしてアップデートされているのか。グリコ・チョコレートマーケティング部・ポッキー企画グループの森川直さんに教えていただきました。

「チョコレートもプレッツェルも、毎年じゃないにしろ年々、時代に合わせて味をよりおいしくというところを目指して、リニューアルしています。最近では、プレッツェルの部分に少しオイルを染み込ませる「オイルコート」をして、より口どけの良い食感にリニューアルを3年前に(ポッキー発売50周年のタイミングで)しています。チョコレートの方も、自社工場の自家焙煎カカオを使用して、コクのある香り豊かなチョコレートを使ってます」

ちなみに、この50周年のタイミングで「ポッキー」以外の4品目もリニューアルされています。「つぶつぶいちごポッキー」には、イチゴ果肉をプレッツェルにも練りこまれ、「ポッキー<極細>」は、よりチョコレートをたっぷり楽しめる味わいに、「ポッキー<大人のミルク>」では、プレッツェルにバターの風味をプラス、「アーモンドクラッシュポッキー」は、より食べ応えのある1本に仕上げています。

また初期のポッキーのパッケージは現在ものとは違い、横向きのデザインだったんです。現在のように縦向きになったのは1976年。コンビニやスーパーマーケットの普及にともない、店頭の棚にポッキーを綺麗に陳列しやすくするためだったそうです。そして、現在のように赤が印象的なパッケージに変わったのは1998年。埋もれないよう、目立つデザインを目指して赤い箱にリニューアルしたそうです。味と同じように、その時代に合わせて変化しているからこそ、今も愛され続けているのでしょう。

種類豊富なポッキーの姉妹品

江崎グリコが販売している「ポッキー」の姉妹品、実は20種類以上も販売しているんです。


【通常商品・期間限定】
「ポッキーチョコレート」、「ポッキー<極細>」「ポッキー<癒しのミルク>」「つぶつぶいちごポッキー」、「冬のくちどけポッキー」「アーモンドクラッシュポッキー」「ポッキー午後の贅沢<ショコラ>」「ポッキー午後の贅沢<宇治抹茶>」「ジャイアントポッキー」「ジャイアントポッキー<つぶつぶいちご>」「ポッキー<濃い深み抹茶>」「ポッキー from JAPAN<白桃と苺>」「ポッキー from JAPAN<黒蜜きなこ>」


【地域限定】
「ポッキー<夕張メロン>」「ポッキー<宇治抹茶>」「ポッキー<あまおう苺>」「ポッキー<五郎島金時>」「ポッキー<佐藤錦>」「ポッキー<瀬戸内伊予柑>」「ポッキー<信州巨峰>」「ポッキー<東京あまざけ>」

地域限定のポッキーを探しにスタッフも都内のアンテナショップを巡りましたが、販売されておらず……ぜひご当地にいった際はお土産店をチェックしてみてください!

「ポッキー」のアレンジレシピ

グリコ・チョコレートマーケティング部の森川さんに、グリコとレシピブログのコラボで作られた「スティックポッキーバナナwithバナナチーズディップ ポッキー」を教えていただきました。

参照:ポッキー×バナナでおいしさ広がるアレンジレシピ | レシピブログ

【材料】
・ポッキー8本
・バナナ2本
・クリームチーズ40g
・砂糖大さじ2

【作り方】
・バナナ1本を半分の長さに切り、さらに縦長に4等分に切る。
・バナナ1切れをラップでサンドし、上から手で軽く潰します。
・上にポッキーをのせてバナナで包む様にラップでくるんで
・冷凍庫で約1~2時間凍らせます。

ディップ部分
・常温に柔らかく戻したクリームチーズに、潰したバナナ1本分と砂糖を加えて良く混ぜ合わせたら完成です。


これで凍ったスティックポッキーバナナにバナナチーズディップをつけて食べるだけ!手軽にできるので、お子さんと作ってみるのもよいかもしれません!

これからも進化し続けるポッキーを味わってみてください!

ピックアップ