お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」〜蛎殻町「Ber felix(フェリクス)」スパイシーフライドチキン〜

伊集院光とらじおと

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」

『伊集院光とらじおと』(月〜木 朝8時30分)内の毎週木曜日10時40分頃から放送。美味しいと評判のお店のシェフも「ランチ」や「ディナー」を他のお店で食べている事もあるはず!「食のプロがお金を出してでも食べたいプロの味」を探して、桐畑トールが、その味を試食。さらに、そのお店のシェフがプライベートで通うプロのお店を数珠繋ぎに、教えてもらうコーナーです。

今回は、蛎殻町「Ber felix(フェリクス)」の「宮崎鶏のスパイシーフライドチキン」

桐畑トールのシェフが行く店1031
鶏肉は、「宮崎鶏」を使っていまして、本当にジューシー。「衣」は、ちょっとだけしか付けていないので、ほぼ「素揚げ」に近い感じの状態で、「パリ」っとしています。本当に薄い「衣」なので、柔らかい肉の食感がよく分かります。そして、今回食べた、「ケイジャン味」ですが、「やさしいピリ辛」なので、お子さんでも食べられる辛さです。味付けは、他に「タンドリー風」と「ペペロンチーノ風」があります。この「スパイシー・フライドチキン」は、とにかくお肉が美味しいので、お肉を一番、美味しく食べてもらう為に、肉汁を逃さない程度に、竜田揚げを作る時の衣の生地をかなり薄くして、少しだけ付けるようにしています。

●「シェフがオススメするお店」で有名なグルメサイト「ヒトサラ」からの情報●

”bar”とは思えないほど充実したお料理が並ぶ【bar felix】さんで、ぜひ追加注文してほしいのが「特製デミグラスカレーのドリア」です! ポルチーニ茸が混ぜ込まれたクリームリゾットの上に熱々のデミグラスカレー。さらにその上に、チーズとパン粉が乗せられて、カリっと、良い具合に焦げ目をつけてやってきます。デミグラスソースは、お水を一切使用せず、赤ワインのみで、およそ3日間かけて煮込むのだとか……。そのため、お肉はほろほろで甘みがあり、焼けたチーズの香ばしさとの相性も抜群! 〆としても重くなくペロリと食べられます。「bar felix(フェリクス)」さんは、地下鉄「水天宮前駅」から徒歩5分です。

さらに、現在、「ヒトサラ」さんのWEBサイトで、お店の雰囲気や、その他のオススメお料理、取材の模様なども見ることができます。詳しくは、こちらから、https://hitosara.com/es/chefsrec/chefchef19/

蛎殻町「bar felix」

営業時間:ランチ11:30~13:30 ディナー18:00~24:00
定休日:日曜日

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」10月31日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191031104141

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ピックアップ