お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「いわゆるK-POPとはちょっと違う韓国ポップス特集Part 5」(高橋芳朗の洋楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる洋楽コラム

「いわゆるK-POPとはちょっと違う韓国ポップス特集Part 5」

いわゆるK-POPとはちょっと違う韓国ポップス特集Part 5http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191025123750

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

【高橋芳朗】
本日はこんなテーマでお送りいたします。「いわゆるK-POPとはちょっと違う韓国ポップス特集Part 5」。

【ジェーン・スー】
大人気企画ですね。

【高橋芳朗】
今年7月19日の放送に続く第5弾です。今回もここ数ヶ月でリリースされた韓国ポップスの新譜の中から選りすぐりの4曲をご紹介したいと思います。では、さっそくいってみましょう。1曲目はアドイ(ADOY)の「Pool」。これは10月14日にリリースされた1年半ぶりのニューシングルになります。アドイは去年7月のこの特集で「Wonder」を紹介した男性3名女性1名からなるエレポップグループ。

その「Wonder」が入ったEPがめちゃくちゃ良かったので個人的にも新曲を心待ちにしていたんですけど、スムーズなディスコサウンドにちょっと切ないメロディが乗った期待通りの仕上がりになっています。

M1 Pool / ADOY

【高橋芳朗】
続く2曲目はブロンズ(Bronze)の「With The Star」。これは7月に出たアルバム『EAST SHORE』の収録曲ですね。ブロンズは韓国のヒップホップクルー、8ボールタウン所属のプロデューサー。アルバムにはゲストとして韓国のR&Bシンガー/ポップシンガーがずらりと名を連ねていますが、そんななか「Rendezvous」には日本からG.RINAさんが参加しているんですよ。

【ジェーン・スー】
ええーっ!

【高橋芳朗】
うん。G.RINAさんが鎮座DOPENESSさんやZEN-LA-ROCKさんと組んだユニット、FNCYの「今夜はmedicine」をブロンズがプロデュースしていたことがあったから恐らくその流れで実現したコラボなのではないかと思います。

そのG.RINAさんの「Rendezvous」もたいへん素晴らしいんですけど、今回は韓国ポップス特集ということでこのコーナーではおなじみのOOHYO(ウヒョ)をフィーチャーした「With The Star」を聴いてもらいたいと思います。このアルバム、ジャケットを日本のイラストレーターの永井博さんが手掛けていることもあってジャパニーズシティポップのオマージュ的な要素があって。このOOHYOが入った曲はまさにシティポップ的な良さがありますね。

M2 With The Star feat. OOHYO / Bronze

【高橋芳朗】
やっぱりOOHYOはいいなー。宇多丸さん言うところの「ドリーミーなロリ味」ってやつですね(笑)。

【ジェーン・スー】
フフフフフ。

【高橋芳朗】
では、3曲目。ハイネ&フラッドの「Fool feat. Milky Day」です。これは10月11日にリリースされたニューシングルです。ハイネ&フラッドはおそらくニュージーランドに拠点を置く韓国人プロデューサー。この曲ではゲストとしてミルキー・デイを名乗る韓国の男性シンガーを起用しています。そんな感じでほとんど詳細は不明なんですけど、彼らが素晴らしいメロディメイカーであることは間違いないと思います。切ない系のR&Bですね。

M3 Fool feat. Milky Day / Hayne & Frad

【ジェーン・スー】
しかしハイネ&フラッドが「ハイネとフラッド」によるコンビなのか、それともひとりのユニットなのか、なにもかもがわからないという。

【高橋芳朗】
そうなんですよ、ほとんど情報がなくて。でも今日のような雨の日にはこういうメロウな曲がばっちりハマりますね。最後の曲は逆によく晴れた日に聴くと気持ちよさそうななやつなんですけど、ク・ワン・チャン(Ku One Chan)の「We Need」。こちらは9月10日にリリースされたEP『LOG』の収録曲です。彼は26歳のシンガーソングライター。2017年にデビューしてこれまでにも充実した作品をたくさんリリースしてきているんですけど、なかなかタイミングが合わなくて今回ようやく紹介できることになりました。韓国ポップス特有の甘いメロディと甘いボーカルが魅力の爽やかなディスコチューンです。

M4 We Need / Ku One Chan

【高橋芳朗】
はい。ク・ワンチャンで「We Need」を聴いていただきました。

【ジェーン・スー】
爽やかだねー。

【高橋芳朗】
というわけで「いわゆるK-POPとはちょっと違う韓国ポップス」、計4曲聴いてもらいました。また強力な曲が集まったら企画しますのでご期待ください!

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア。最新1週間のリストは以下です。

10月21日(月)

(11:07) Fun Day / Stevie Wonder
(11:26) Wouldn’t Change a Thing About You / Earth Wind & Fire
(11:37) Soul Mate / Michael Franks
(12:12) Trans-Island Skyway / Donald Fagen
(12:22) I Stand for You / Michael McDonald
(12:49) I’ll Be the One / Boz Scaggs

10月22日(火)

(11:07) You’re My Best Friend / Queen
(11:40) Philadelphia Freedom / Elton John
(12:15) Evil Woman / Electric Light Orchestra
(12:24) The Things We Do For Love / 10cc
(12:50) How Long / Ace

10月23日(水)

(11:06) (Sittin’ On) The Dog of the Bay / Otis Redding
(11:23) You Send Me / Aretha Franklin
(11:36) I’ve Never Found a Girl (To Love Me Like You Do) / Eddie Floyd
(12:17) Sophisticated Sissy / Rufus Thomas

10月24日(木)

(11:04) (They Long to Be) Close to You / Carpenters
(11:24) I’ll Never Fall in Love Again / Bobbie Gentry
(11:35) Do You Know the Way to San Jose / Bossa Rio
(12:10) Promises, Promises / Connie Francis
(12:22) This Guy’s in Love With You / Willie Bobo
(12:47) What The World Needs Now Is Love / Sergio Mendes & Brasil ’66

10月25日(金)

(11:04) Never Knew Love Like This Before / Stephanie Mills
(11:26) Let Me In Your Life / The Isley Brothers
(11:37) Easier to Love / Sister Sledge
(12:14) My Friend in the Sky / Switch