お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

"振り込め詐欺"に引っかからないための防止策。そして、被害に遭ってしまった時の対応は?

ジェーン・スー 生活は踊る

10月18日(金)の「生活情報のコーナー」では、
"振り込め詐欺"の最新手口と防止策を特集しました。

誰でも"詐欺"の被害に遭ってしまう可能性はありますから、
ぜひ、みんなで一緒に確認していきましょう。

詐欺の手口、その具体例とは…

詐欺師は、最新のニュースやイベントなど、
様々な情報を盛り込んで、「それっぽく」仕掛けてきますが、
今だったら、一体どんな手口に気をつけるべきなのでしょう?

詐欺・悪徳商法ジャーナリスト多田文明さんに取材しました。

たとえば、こんな電話がかかってきたら、要注意です…

「消費税があがったので、その分、保険料があなたに戻ります」

最近は、消費税絡みの還付金詐欺が増えており、
市や区の役所などになりすました人が、ATMに呼び出す手口には注意です

 「あなたのクレジットカードで、カバンを買おうとした人がいました」
「キャッシュカードも悪用されている恐れがあるので、カードを変更しましょう」

最近は、お金の話をすると詐欺だとバレるので、
「キャッシュカード」を騙し取る手口も横行しており、
特に、「デパート」や「家電量販店」をかたる事例が目立ちます。
そういって、銀行関係者を名乗る人が家に来て、カードを騙し取ります。
30分以内に訪問してくることが多いそうです。

さらに、家に直接訪問してくるパターン。こう言ってくる人には要注意です。

「キャッシュカードと暗証番号を書いた紙を封筒に入れて厳重に保管してください」

 カードを騙し取る手口では、封筒をすり替える手口も横行しています。
警察や銀行関係者の名乗る人が家に来て、そう指示してきた後、
「ハンコを押して下さい」と付け加えて、封筒から目を離した隙に、
事前に用意していた偽のカード入りの封筒に差し替えます。

なんでも、こうした詐欺を仕掛けるためのマニュアルがあり、
図解入りの説明で、誰でも詐欺ができるようになっているそうなんです。

ほかにも、「災害に便乗した義援金・寄付金詐欺」など、
社会の出来事に便乗した特殊詐欺の手口は次から次に出てきます。

詐欺の具体的な手口については、
警察庁の「ボウハン教室」というホームページが分かりやすいです。
実際の犯行音声も聴けますので、そちらもぜひ参考になさってください。

では、どんな対策を取ればいいの?

知らない人から電話がかかってくるだけでも、
動揺してしまいますが。詐欺の巧妙な手口に引っかからないために、
どんな対策を取ればよいのでしょう?

多田さんによれば…

まずは、詐欺にかかるかどうかを確かめるアポ電話に気付くこと。
市役所や警察などに成りすます手口が多いので、その電話だけでの応対は避けて、
必ず電話を一旦切り、自分で市役所や警察の番号を調べて、相手の身元を確認すること。
詐欺の話に乗ってしまうと、「あれよあれよ…」という間に、相手の口車に乗せられてしまいます。

 今は振り込め詐欺の対策用の電話もあるのでオススメ。
そもそも詐欺の電話を取らずに済む対策です。

とにかく、確認のために一旦電話を切る、という姿勢が大切なんですね。
そして、市役所や警察の人間からお金を振り込むよう指示する電話は、
「絶対にない!」と考えておきましょう。

また、詐欺を仕掛けてくる人は、相手が同意しやすい、
「はい」と返答しやすい話を展開するそうです。

なので、“騙しにくい人”になるのが肝心。
そのために、日頃から「おかしいと思ったら質問をすること」を意識しましょう。
相手は「立て板に水」なので、相手の話を切ることも必要です。

おかしいと思えば、「ちょっと聞いていいですか?」
「一旦、電話を切っていいですか?」と尋ねて、相手のペースを乱す。
詐欺師は、自分の言いなりにならない相手に対しては、
「これは騙せない人物だ」と思い、カモリストから外します。

詐欺の被害に遭ってしまった場合はどうすればいい?

詐欺と分かれば、すぐに警察に通報です。
詐欺かどうか分からない場合は、警察相談専用電話「#9110」まで。
あるいは、消費者ホットライン「188」へ電話をして、助言を受けてください。

被害に遭ったのに、警察にも通報しない。
1人で問題を抱え込む人が多いですが、
現代の詐欺では、一度被害に遭った人が再び狙われる傾向にあります。

また別の手口で詐欺の電話がかかってくる可能性が高いので、
誰かに相談する姿勢がたいへん重要です。

以上、番組からの「生活情報」でした。