お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

偶然と必然の間【奇跡のブレンド酒】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 今週も先週に引き続き、ゲストに俳優の加藤和樹さんをお迎えして、O・ヘンリーの『奇跡のブレンド酒』をお届けしました。

ニューヨークを舞台にした今作は、海外ドラマのようなポップなイメージ!
ユーモア溢れる作品の軽快さにより、物語が一層立体的に感じられたのではないでしょうか。

今回は、加藤さんと朋子さんそれぞれに三役ずつ演じていただきましたが、お二人の掛け合いは本当に息がぴったり!
まずは酔っ払いの客同士の言い争い。
それぞれの一言一言でヒートアップしていく様、テンポ感も心地よく、リアルな酔っぱらいの喧嘩を聞いているような感覚に!

そして次にマカークとライリー。
お二人のキャラクターのバランスがなんとも絶妙!
なんとなく抜けているキャラクターの空気感が、とても愛らしかったですよね。

そして最後にキャサリンとコン。
お互いに好意を持っているが故の、ぎくしゃくした空気感は、思わず聴いているこちらもドキドキうずうずしてしまいます。
奥手なコンにプロポーズされ、喜びが湧き出たキャサリンのラストの台詞は、コミカル且つパッションの伝わってくる素敵なシーンでした!

混ぜたお酒が偶然、奇跡のカクテルとなるという寓話的なお話でしたが、
普段の日常でも、偶然の積み重ねで奇跡が起こる瞬間ってありますよね!
むしろ、もしかすると全てが偶然と必然の間で成立しているのかもしれません。

展開のスピード感、それぞれのキャラクターの愛嬌も相まって、明るい空気の漂う素敵な収録時間でした♪

by 永瀬千裕

ピックアップ