お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

JUNK 山里亮太 「第499回! コーナー復活スペシャル!」

JUNK 山里亮太の不毛な議論

2019年10月30日(水)深夜1時放送
TBSラジオ 水曜JUNK山里亮太の不毛な議論
 
 
今回の放送は第499回。
 
山里
 
あと1回で500回の今回は、
コーナー復活スペシャルをお送りしました。
 
復活したコーナーは・・・
 
 
●こんなサキュバスはいい
 
男性の夢の中に理想の女性の姿で現れる悪魔「サキュバス」! もしサキュバスが来てくれるなら、どんな感じの誰の姿で来てほしいかを送ってもらうコーナー!
 
【解説】
2014年2月5日(ちょうど放送200回)からスタート。当時放送後に収録されていたpodcastの内容から派生し本放送にてコーナーが誕生。石原さとみサキュバス・小島瑠璃子サキュバス・本田翼サキュバスなどが活躍し、やがて男性・動物・非生物・抽象概念までサキュバス化。カオスな展開になり、2015年3月18日放送で終了サキュバス。
 
 
●ドブ美ちゃんの日常
 
個性的なルックスから誤解されやすいけど、とってもピュアで心の優しい女の子・ドブ美ちゃんの、ブログや日記に書いてありそうな日常を送ってもらうコーナー!
 
【解説】
2016年4月6日に前身コーナーがスタートし、翌週4月13日からこのタイトルに。基本的にはお人よしでピュアなドブ美ちゃんだったが奇行も目立った。喉を酷使して発するその独特なドブ美ボイスは、松井咲子を真似る時とほぼ同じではないかという疑いもある。時間の都合で会えない日が多くなり、2018年3月7日放送にお別れ。
 
  
●グータンチンポ
 
2012年4月の「新コーナー総選挙」で1位を獲得した「RN:古いピエロ」考案のコーナー! オシャレ用語に、勝手な解釈を付けてください!
 
【解説】
コーナー総選挙からは他に「#65点の女」「綺麗な花が咲きました(「RN:鳥獣戯画ジャクソン」発案)」が誕生。グータンは性質上、2時台に行われることが多かった。松井咲子ゲスト回では「アイドルに聴かせるわけにいかない」という理由でドビュッシーの曲や自身のピアノ演奏をヘッドフォンで聴いてもらい外部の音をシャットアウトした。2013年4月6日放送で終了。最後は恵比寿マスカッツのメンバーにもお付き合い頂いた。
 
 
●スピリッツ 今週の1ページ
 
週刊スピリッツに掲載されている漫画の一場面を、山里座長率いる“劇団不毛な議論”がカッコ良く再現するコーナー! (※“劇団不毛な議論”はおもに番組スタッフ)
 
山里
 
【解説】
2015年4月8日~9月23日。「アイアムアヒーロー」「しあわせアフロ田中」「忘却のサチコ」「るみちゃんの恋鰹」などの作品を取り上げた。ゲストが来た際に客演として参加してもらうことも。不毛スタッフの他に出演してくれたのは、R藤本・NON STYLE・村本大輔・鈴木拓・松井咲子・aiko・南部広美・河野早紀・Session-22のADと、今振り返ると途轍もなく豪華。
 
 
●ドゲザーしようぜ
 
番組の中でたまにある訂正、謝罪をネタにしたコーナー! サウンドステッカー(ジングル)として使用します!
 
【解説】
2015年2月1日にスタート。サウンドステッカーのコーナーとしては他に「軟式ツイッター」「真実2011」などがあった。
 
 
●モテない替え歌
 
起源は「木曜JUNKアンタチャブルのシカゴマンゴ」! 誰もが知っている名曲を「モテない替え歌」にしてしまうコーナー!
 
【解説】
アンタッチャブルのシカゴマンゴから引き継いだコーナー。当初は山里が自分で歌っていたが「モテない夏フェス2010」にて見事な歌声を披露したミサミサ(小林未沙)がその秋から毎週登板。2012年12月12日放送まで続き、リスナー作詞・ヒャダイン作曲による「家政婦?OK!」というオリジナル曲も完成した。その後も歌広場淳、aikoがゲストに来た際などに復活。
 
 
・・・以上の6コーナー!
投稿してくださったみなさん、ありがとうございました!
 
最近聴き始めたかたも、
番組の歴史を感じていただけたんじゃないでしょうか!
 
山里
 
そして来週は・・・いよいよ500回! 
 
 
メモリアルなゲストは・・・
 
 
元AKB48・松井咲子ちゃん!
 
安田大サーカス・クロちゃん!
 
 
ともに不毛な議論に9回も出演してくれている、
生粋の不毛ファミリーです!
 
2人ともNGなし(山里さんいわく)とのこと!
 
11月6日(水)深夜1時をお楽しみに!!
 
 
<山里の荷車グッズ当選者(敬称略)>
金のマンタ、口癖はソイソース、トムチャッチャ、友とスムージーと嘘と胃袋、ふるふーる、メッシュ心に真水
 
 

山里亮太の不毛な議論、構成作家セパ

ピックアップ