お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

「やくざキャラなのに、喧嘩が苦手で」格ゲーを避けてきたペンギンズノブオさん、格ゲーの面白さに目覚める

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

ペンギンズ・ノブオさん完全版トーク後編はこちらから↓↓

■格ゲーのことを30年以上誤解していた

「マイゲーム・マイライフ」のゲストは前回に引き続きペンギンズのノブオさんです。ノブオさんはやくざの舎弟風キャラをやっていながらも、中身はかなりののほほん系(多分)。好きなゲームもRPGやシミュレーションゲームで、牧場で野菜や動物とたわむれるのが好きだと前週の放送でも語っていました。

苦手なジャンルについての話題でも、格ゲーはやってこなかった、と切り出します。


ノブオ「僕ね、こんなキャラクターでアレなんですけど、喧嘩とか本当ダメで……(笑)」

宇多丸「喧嘩がダメ(笑)」

ノブオ「格闘系ゲームが……、小学校の頃から争い事がもう、殴り合うのが絵だけで引いちゃって」

宇多丸「あっ、ゲーム性というよりは、暴力性の部分で」

ノブオ「そうですね。殴ってるっていうのが。それであんまり(格闘系には)触れなかったですけど。最近月に1回ネットのゲーム番組のMCをやらせてもらっていて、そこの打ち合わせでこの話をしたら、格ゲー克服しましょうってなって。えぇ~~~って言いながらやったら……面白いですね! 格ゲー!」


宇多丸「やってみたら面白かった」

ノブオ「あのね、全然違いました、思ってたのと。僕、30年くらいずっと偏見があったのかもしれないです。違うんだ! 殴り合いのゲームじゃないんだ! って。読み合いなんですよ、格ゲーって。次、相手がどうくるか、この人はどういうプレイスタイルなのかを、読み取りながら、読み合って、攻撃していくのが格ゲーなんだって知って」

宇多丸「今まではただ殴り合っていると思ってた」

ノブオ「なんかあの、怖い人たちがストレス発散にやるゲームかと思ってた。全然違った!」


宇多丸「ははははは。これだけゲームに詳しくて色々やられているのに、その部分の偏見は残ってた(笑)」

ノブオ「(偏見が)めちゃくちゃあって。でも今は普通に家でやってます、格ゲーも。本当、偏見ってよくない(笑)」

宇多丸「(幅が)広がった! そうですか! いやだって、(これまでのトークで)挙げていただいているゲーム、結構暴力的なものもあるじゃんって」

ノブオ「あははは。確かに」

宇多丸「そんなこと言ったら、龍が如くとかのほうがよっぽど殴ってるでしょうっていう(笑)」

そして、ノブオさんといえば『勇者ああああ』(テレビ東京系)。ゲームのプレゼンが人気を博し、ゲーム関連の仕事が激増したのはいいものの、思わぬ余波が……。


ノブオ「『勇者ああああ』のプレゼン(のコーナーに出て)から仕事が増えて」

宇多丸「面白いですもん」

ノブオ「いやーでも、テロップで足りないところ入れてもらったり、無駄な間とかを切ってもらったり、(編集で)完璧にしてもらってるんですよ。なので、こう、テレビだけ見てると、あたかも僕が完璧な人に見えてしまっているのがあって。たまに呼ばれる他のゲーム番組とかで、紹介が『さあっ、それでは、すべてのゲームに精通したノブオさんです!』みたいな。いや無理無理! 違う違う違う! いないからそんな人(笑)。だからそういうときはまず、ハードルを下げるところから……。いやいや違います、僕は好きなだけでって」

宇多丸「いや、でもやっぱりお話伺っていても、本当にまんべんなく色々なタイトルをやられているし、すべてのゲームに精通してるって……」


ノブオ「してない!(笑) してないって! ハードル下げなきゃいけない! そう言われると。本当に違うんですよ。だってあんなにいっぱいジャンルがあって、色々な突き詰め方があって、色々な角度から捉えられる中で、すべてに精通する人なんか絶っっっ対いないから(笑)」

宇多丸「本当、そうですよね。これつくづく思います。色々なゲストにお会いして思いますけど、同じゲーム志向の人って一人もいないんですよ、結局。全員違うんですよね」

ノブオ「そうですよね。いやー本当におこがましい。すべてのゲームに精通するなんて」

宇多丸「(精通しているって)言いたくもなりますけど(笑)」

ノブオ「いやいやいやだから違うんですって! 好きなだけ! やめてください(笑)」

終始、慌てて否定し散らかす謙虚なノブオさんでした。

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ


(ゲームをするときの環境について)

ノブオ「もともと、椅子使ってなかったんですよ。(ゲームするとき)床に座ってやってたら、くるぶしが死んで。カッサカサになって(笑)。くるぶしがもうね、触っても感覚がないくらいになって。ヤバイヤバイ、(カサカサすぎてくるぶしが)もうすぐ取れる! って思って、キャンプ用の椅子を買ってきてくるぶし守りながら……(笑)」

宇多丸「キャンプ用の椅子。折り畳みってことですか?」

ノブオ「折り畳みの。目線の高さがパソコン(でやるゲーム)のときとテレビ(でやるゲーム)のときとで違うから、大きさの違うキャンプ用の椅子を2個持ってます」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

ピックアップ