お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【衣替えに使える】セーターだけじゃなくて、野菜も干せる?3コインズの洗濯ネット。

ジェーン・スー 生活は踊る

そろそろ衣替えしなきゃ!と考えている方も多いのではないでしょうか。
10月9日(水)の生活情報のコーナーでは、洗濯ネットについて取り上げました。

そもそも洗濯ネットって必要?

洗濯ネットを利用することで衣服に傷がつくのを避けることができます。チャック付きのパーカーやホックが付いた衣服などはそのまま他の洗濯物と一緒に洗うと、引っかかって傷になってしまうことも。ネットに入れれば、他の衣服に傷をつける心配がありません。
また、洗濯ネットに入れることで、色移り防止に。洗濯ものが色移りする原因としては、洗濯物同士の摩擦ということも一因のひとつだとされているんです。

最近の洗濯ネットを調べてみると・・・「専用」のものが増えているんです。
東急ハンズ新宿店に行ってみると・・・ストッキング、パンツ、シャツ、ゆかた・きもの専用などなど。普通の洗濯ネット以外にも色々な種類がありました。ということで、番組で「専用洗濯ネット」をリサーチ!実際に使ってみたのでご紹介します。

下着を干した時の目隠しにもなる「一人暮らし用洗濯ネット」

▼洗濯ネットと目隠しカバーが一緒になった商品です。
▼使い方は・・・
ネットに洗濯物を入れたら、チャックを閉めてそのまま洗濯機にIN!
洗濯が終わったら中から衣類を出して、干す。洗濯物を囲むように、洗濯ネットを干せば、目隠しカバーになるというわけです。ちなみに、洗濯物入れる口が広いので、開けて、フックなどにかけておけば、ランドリーバッグになります。(ひっかける紐もついてます)

洗濯ネットのチャックを開けると長い暖簾のようになります!


広げるとなかなか大きい(130cm×35cm)、ネットの素材が厚手のクッション。糸くずや綿ほこりなどの付着、洗濯物のからみによる生地の痛み・型くずれ等を防ぎます。

販売会社ワイズのサイトによると、
多くの単身女性は、防犯のため干している下着を目隠ししたい。でも目隠しのためだけにカバーを取り付けるのは面倒だし、使わないとときには邪魔…という女性の声から始まった。

洗濯ネットは洗い終わった後、必ず干す。そんな時にさらに賢く使えたら・・・

洗濯ネットと目隠しカバーが一つになった洗濯ネットができたそうです。
  
小倉さん、実際に使ってみました!
●たっぷりサイズで、女性の下着類なら、キレイに囲める。
●透けにくいので、コインランドリーまでも持って歩ける。
●洗濯物の多い家族向けには、その分ピンチを占領されるので、お勧めしないかも。
▼お値段は1595円ほど。ネット通販で購入できます。

カバーだけじゃなくて、枕本体も洗いたい!そんな希望を叶える「洗って干せる枕ネット」

▼枕の丸洗い用洗濯ネット。枕カバーを外した枕をこの洗濯ネットに入れます。
そのまま洗濯。
洗濯が終わったら、洗濯ネットの中に、洗濯ハンガーを引っ掛けられるひらひらがあります。
そこにハンガーをひっかけて、枕が入った状態のまま、ネットごと干すことができます。

中にクッションを入れれば、吊って枕が干せます!


▼ファスナーが開閉しやすいように大きなファスナーが付いています。洗濯中にファスナーが開かないようにファスナーカバーがついているのが特徴。

小倉さん、実際に使ってみました!
●そのまま干せるし、扱いがラク。
●これなら、洗う気になる。
●だが、枕は洗ってOKのものでないと厳しいかも?(ニトリ・無印は利用可能検証済み)
▼ダイヤという会社から発売されています。値段は900円前後。ネット通販で購入可能です。

実は洗いにくい “抱っこ紐”のための洗濯ネット!

▼今年の夏に、発売された新商品。
▼抱っこ紐は、毎日使うものですし、赤ちゃんの汗やよだれ・・・すぐに汚れてしまいます。抱っこ紐の洗濯はマストです!

▼使い方は・・・
抱っこ紐を畳んで洗濯ネットに入れて、洗濯するだけ。
▼マチがあるので、抱っこ紐を入れやすい。(実演できるようでしたら)ドラム式の洗濯機でも使用可能。(ドラム式洗濯機だと使えない洗濯ネットも多い。ちなみに、今日紹介しているもので、唯一ドラム式で利用可能)

この抱っこ紐を・・・


こんな感じで収納して洗濯します。


小倉さん、実際に使ってみました!
●サイズ感ピッタリ!
●抱っこ紐は、場所によって厚みや硬さが違ったり、硬い素材の留め具もあったりするので、洗濯機に入れるのを迷う人もいるけれど、これなら安心。
●回っている間の、カンカンという音も無く、他の素材を傷めることなく洗える。
●これに千円以上払うかどうかは、悩む。(贈り物にはいいかも!)
▼ダイヤという会社から発売されています。値段は、980円前後。ネット通販で購入可能です。

洗濯物だけじゃなくて、野菜も干せる!「衣類干しネット」

▼3コインズで販売されている商品。
▼漁港にあるような魚を干すネットが2段になっている見た目。セーターを広げて干せることで、型くずれが防げる。ちなみに、上の段を野菜、下の段をセーターという感じで用途に分けて干すこともできる。(3コインズが推奨しているわけではありませんが)

まるで干物を干すみたい・・・


こんな感じでたたんで収納します。


▼ちょっと大きめなので、畳んで収納します。
▼この夏リニューアルした商品(フック部分が使いやすくなった)
価格は、税込330円。全国の3コインズで販売されています。

洗濯ネットを使うことだけでも、型くずれや色落ちを防ぐことができますが、用途別に使うことで、より長く、快適にお気に入りの洋服を使うことができます。ぜひ、試してみてくださいね。