お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


6月5日(日)「歯を大切に!歯ブラシの専門店」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!

放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

6月5日(日)の放送では 歯ブラシの専門店「メガデント」をご紹介しました。

場所は銀座
銀座一丁目の10番出口を出たらすぐです。お店の前には歯の置物があってわかりやすい!
メガデントの本店はドイツにあり、日本ではここの1店舗だけです。
詳しいお話を店長の酒向 淳(さこう じゅん)さんに伺いました。

▲酒向さんと

▲酒向さんと

お客さんが6人ほど入ったらいっぱいになるであろう店内には、壁一面びっしりと歯ブラシが並んでいます。
とにかく商品が多くて、常に1000種類はあります。本店がドイツなだけあって、海外の歯ブラシも多く取り扱っています。ドイツ、アメリカ、日本、、、日本製のものも歯医者へ行かないと買えないような医療品が多かったです。

▲歯ブラシがズラーッと

▲歯ブラシがズラーッと

酒向さんが歯ブラシを見立てる時、まずお客さんの手を見ます。手の大きさと口の中の大きさは比例していて、手が大きいと口も大きいそうです。私も見てもらったのですが、『身長の割に手が大きいからヘッドの大きな歯ブラシが合っている!』とのことでした。今まで小さな歯ブラシが好きでしたが、これからは大きめ歯ブラシを使います。

ちょっと面白い形の歯ブラシも並んでいました。

▲背の部分にコブが2つ付いてます。

▲背の部分にコブが2つ付いてます。

こちらは今1番女性に人気の歯ブラシで、歯磨きしながらコブが口の内側から皮膚を刺激して「ほうれい線」ケアが出来るんです!私もすぐに買いました。
ブラシの頭が3つ付いているものもあります。これは奥歯を磨く時に、歯の上と側面を同時に挟み込むように磨ける優れものです。

ガッシリ歯を包み込んで磨く!

ガッシリ歯を包み込んで磨く!

この歯ブラシでは前歯は磨きにくそうなので前歯と奥歯で歯ブラシを使い分けるわけですね。聞くと、酒向さんは12種類のケア用品を使い分けているそうです。海外でも6種類は使うそう。『1本で100%キレイにする歯ブラシは、この世でまだ発明されていないので、せめて2本は使って欲しい!』と酒向さん。
あと日本人は、歯ブラシの色を気にしますよね。お母さんはピンク、お父さんは青とか。これも日本独特のことらしいです。海外では、家族で「お父さんは知覚過敏用」「娘はホワイトニング」など、使う歯ブラシの種類が違うので色分けが必要ないんです。
歯ブラシの1人あたりの年間消費量も、ドイツの年間20本に対して日本は年間4本。これを機に歯ブラシをこまめに新しくして、楽しく磨こうと決めたのでした。

※中継コーナー「にち10 おでかけリサーチ」は『安住紳一郎の日曜天国』内 10時30分頃に放送中です!