お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」〜日本橋「おそば 高松」カツ丼〜

伊集院光とらじおと

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」

『伊集院光とらじおと』(月〜木 朝8時30分)内の毎週木曜日10時40分頃から放送。美味しいと評判のお店のシェフも「ランチ」や「ディナー」を他のお店で食べている事もあるはず!「食のプロがお金を出してでも食べたいプロの味」を探して、桐畑トールが、その味を試食。さらに、そのお店のシェフがプライベートで通うプロのお店を数珠繋ぎに、教えてもらうコーナーです。

今回は、日本橋「おそば 高松」の「カツ丼」

桐畑トールのシェフが行く店0926
ちょっと甘めの「出汁」に、半熟の卵がベストマッチ!高松さんでは、カツを煮る時、卵をかけてからは、蓋をして蒸らさないで作ってるので、表面はトロトロです。そして、なんで、お蕎麦屋さんの「カツ丼」が美味しいのか?を聞いたところ、食堂やレストランでは作らない「かえし」を使っているからだそうです。その「かえし」が、お店ごとに違うので、それぞれの個性が出てくるそう。ちなみに、「高松」さんの「かえし」は、しょっぱくて色が濃い。なぜ、濃い味にしているかと言うと、蕎麦の香りを楽しんでもらう為。蕎麦を半分だけ付けて食べるのを前提に作っているので、高松さんでは、蕎麦を全部付けてしまうと、しょっぱくなってしまうそうです。

●「シェフがオススメするお店」で有名なグルメサイト「ヒトサラ」からの情報●

今週、ヒトサラからは、お店の人気メニュー『金ごますりそば』をオススメします。 まず喉ごしの良い細切り蕎麦を味わってから、すり鉢に入った「ごま」を擦ります。 グリグリと自分の手で「ごま」を擦る感触を楽しんでいると、ふわっと風味豊かな薫りが鼻腔を刺激します。この「金ごま」を入れた汁に蕎麦を浸し、ごまの薫りと甘みを満喫したら、今度は、高松さんオリジナルの甘酢を入れましょう。 さっぱりと上品な甘酢が、ごま汁と渾然一体となる、新たな味わいに驚きます! 「金ごますりそば」は、味の変化を二度三度と楽しめる珍しい逸品です。 ぜひ、ご賞味ください。 【おそば高松】さんは、人形町駅から徒歩5分です。

さらに、現在、「ヒトサラ」さんのWEBサイトで、お店の雰囲気や、その他のオススメお料理、取材の模様なども見ることができます。詳しくは、こちらから、https://hitosara.com/es/chefsrec/chefchef13/

日本橋「おそば高松」

営業時間:ランチ11:00~14:30 ディナー17:00~20:30
定休日:土曜・日曜・祝日

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」09月26日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190926103949

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ピックアップ