お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


9月22日(日)「嗅ぎ放題!におい展」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!
放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲におい展・横浜

9月22日(日)の放送ではにおい展をご紹介しました。場所は横浜のみなとみらい駅からすぐの「MARK IS みなとみらい」5階です。(オービィ横浜の入口前に特設会場が設置されています)におい展スタッフの三田 均さんです。

▲三田さん

会場ではバラやフルーツなどの良い匂いから、「くさや」や世界一くさいと言われる「シュールストレミング」など60種類以上のにおいを嗅ぐことが出来ます。よく芸人さんがテレビなどで臭いにおいを嗅いで悶絶しているのを見て(本当かなぁ)と思っていたらしく、実際に体験できる所を作ったそうです。順路通りに進むと、まずは良いにおいのコーナーが。香水の原料となるものが並んでいます。

▲なんとも言えないにおい・・・でも何度も嗅いじゃうやつ

瓶にコットンが入っていて、そこににおいが付けられています。「アンバーグリス」というのはマッコウクジラの腸の中で出来た結石です。高級な香水によく入っている原料で、シャネルの5番にも入っています。においはちょっと“鼻にツンとくる”癖のあるにおい・・・でも気になってもう一回嗅いじゃう。これが良い香水には欠かせない隠し味になるわけですね!良いにおいを作るには、臭いにおいが必要!!レモンやイチゴのにおいにもカメムシや糞のにおいが入っているんです。

▲コーヒーブレイク!

鼻の奥ににおいがこびりついて取れない気がします。そんな時は、会場の所々に置いてあるコーヒー豆の瓶が役立ちます!医学的に鼻がリセットされるわけではないのですが、かなりリフレッシュします。会場を全部まわると鼻が疲れるのでこりゃ助かる・・・

▲戦国武将のにおひ?

会場で気になったのが歴史上の人物のにおいコーナー。織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・北条氏政の戦国武将のにおいが。これは、戦国武将が戦さの前に兜や服にお香を纏ったと言われていて、文献を元に調香師が再現したものです。当時の戦国武将は皆、香木が好きだったようで、織田信長はお寺の線香のような強いお香のにおい、豊臣秀吉は織田信長に似ていますが少し甘い、北条氏政は柔らかいにおい、お寺の畳みたいです。

▲においコレクター?!徳川家康

特に香木が好きでコレクターとして有名だったのが徳川家康。香木や香の道具が2000点以上残されていて、世界的にみてもかなりのマニアだったそうです。クンクン・・・おじさんのにおい。現代のおじさんの整髪料?のようなにおいがします。においが好きすぎて一周まわって現代風になったのかも?

▲調香師の方が苦手なにおい

ほかにも、においのプロである調香師の方が嫌だと感じるにおいがあったり、生活臭(部屋干しした洗濯物のにおい)も嗅げます。

▲そんなに嫌じゃない

やっぱりみんなが悶絶していたのはシュールストレミング。特別に壁で囲っていましたが、におい、外に漏れ出ていました。

▲中に入らなくても外までにおってる。

まだまだいろんなにおいを体験できます。におい当てクイズもありましたよ!鼻はくたびれますが、人それぞれにおいの好みが違うのでかなり盛り上がれます!開催期間は12月8日までと長いので一度嗅いでみては。