お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

【音声配信】特集「福島第一原発の事故をめぐる裁判で、東京電力・旧経営陣に無罪判決。 今回の裁判で何が見えてきたのか」崎山敏也×桶田敦×荻上チキ 2019年9月19日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

 Main Session
時事問題など、およそ1時間にわたり特集。

福島第一原発の事故をめぐる東京電力・旧経営陣の刑事責任を問う裁判
その判決から何が見えてくるのか?

東京電力・福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久元会長ら旧経営陣3人の被告の判決公判がきょう開かれ、東京地裁は、3人に無罪を言い渡しました。起訴状では、3人は2011年3月、原発敷地を超える高さの津波を予見できたのに対策を怠り、原発事故で避難を余儀なくされた福島県大熊町の双葉病院の入院患者ら44人を死亡させたなどとされています。今回、争点となったのは、津波を予見し、対策を取ることで事故を防げたかどうかで、求刑はいずれも禁錮5年でしたが、原発事故で、経営トップらの刑事責任は認められませんでした。
そこで、今夜はこの裁判の判決をどのように見たらいいのか?そして、この判決が与える影響について地震・津波などの災害や、原発を取材する方々に伺います。

判決後の東京地裁前

判決直後の指定弁護団の会見場

【スタジオゲスト】
大妻女子大学教授で、元TBS災害担当解説委員の 桶田敦 さん

TBSラジオ・原発担当の 崎山敏也 記者

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================