お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「掃除」でできるインフルエンザ対策

ジェーン・スー 生活は踊る

2019年9月18日の「生活は踊る」。番組の月1レギュラー、家事・掃除アドバイザーの藤原千秋さん掃除でできるインフルエンザ対策!を教えてくれました!

【プロフィール】
住まいや“家事・掃除”まわりの記事執筆を専門とする、ライターでアドバイザー。これまでに使ったお掃除グッズの数は、なんと1000種類以上。また、3人の娘を育てる母親でもあります。

流行するインフルエンザ

「夏休み明け早々、学級閉鎖になってる学校もあるぐらいなんです。」冬に流行するイメージのあるインフルエンザなんですが、実は今なぜか、夏休み明け早々の9月に大流行していて、学級閉鎖するところもあれば、沖縄では警報も出ているんです。

ということで「掃除でできるインフルエンザ対策」を紹介したいと思うんですが、まずは自宅ではなく、外で気をつけないといけないポイントです。自動販売機の「ボタン」、展示されている「見本」や「サンプル」、共用の「検索機」「タッチパネル」、外出先のベビー用「おむつ替えベッド」など。

そして、意外と危険なのが、トイレの「ジェットタオル」。女性のトイレのジェットタオルからは、「腸内にいる細菌」が多く検出されます。ジェットタオルを使うと、ハンドタオルを使った際の190倍ものウイルスが「トイレ内に撒き散らされる」という実験結果も出ていますので、要注意!

掃除でできるインフルエンザ対策!

乾拭き・水拭き・洗剤拭きではなく、消毒用エタノールを使おう!

家庭内のインフルエンザ対策は、家族みんなが触る場所の掃除頻度を高めたり、ウイルスや殺菌を確実に殺すやりかたをとってください。その際、注意して欲しいのが「消毒用エタノール」で行うこと。うっかりすると却って細菌やウイルスを増やしてしまいかねないただの「乾拭き」や「水拭き」、「洗剤拭き」ではなく、「消毒用エタノール」や「二酸化塩素」などを主成分としたクリーナーを活用するのがポイントなんです。

テーブルの淵は念入りに掃除をしよう!

意外と菌が付着しがちな要注意ポイントを紹介します。
「玄関のドアノブ」→消毒用のエタノールで拭き掃除。
「トイレのボタン」→トイレットペーパーで消毒用のエタノールで拭き掃除→薄めたハイターで、キッチンペーパーとかトイレットペーパーで拭き掃除。
「テーブルの淵」→食事の油汚れも落ちる。消しかすもまとまるので一石二鳥。

詳しくはこちらから↓