お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

サンシャイン池崎が語る「空前絶後の保護猫ライフ」!

ACTION

9月10日(火)のゲストは、飼い猫の風ちゃん雷ちゃんへのツンデレ愛がダダ漏れの裏アカが話題のサンシャイン池崎さん。先月、『空前絶後の保護猫ライフ!池崎の家編』を出された池崎さんから、尾崎世界観が、保護猫の魅力を伺います。

■野生が残っていて警戒心が強い!だからこそ、心を開いてくれたときがかわいい!

池崎:風ちゃん雷ちゃんは子供のころからなので人間慣れしてますが、それ以外の子は全然懐かないです。手なんか近付けたら引っ掻いてきますし。でも、それもいいです!僕は月2回ぐらいしかボランティアに行けないんですが、その2週間の間にめちゃくちゃ人間に慣れてるんですよ。ゲージから出て来なかった子が普通に彷徨いてたり。

尾崎:それは誰かが心を開くようなケアをしているってことなんですか?

池崎:そうですね。それで徐々に慣れてきて。「お前今日、どうした?」みたいな。「あんな警戒してたのに、なんだよ…かわいいな!」みたいな。それがいいんですよね。過程がいいんですよ。

尾崎:風ちゃん雷ちゃんは子猫だったからそうじゃなかったんですよね。めちゃくちゃ懐いたんですよね。最初の交流はどうでしたか?


池崎:最初面会に行ったときに、2匹が僕の背中に乗ってくれたんですよ。最初は雷ちゃんを飼うことを目的としてたんですね。そうしたら風ちゃんが出てきて、それもめちゃくちゃかわいくて2匹飼うかどうか迷ってたんです。それで迷ってたら2匹が同時に背中にドーンと乗ってきたので、「両方飼います!」と言いました(笑)

■ペットショップの猫ちゃんにはない個性がある!

池崎:これ知らない人も多いかと思うんですが、風ちゃん雷ちゃんはかぎしっぽなんです。しっぽがピーンと真っ直ぐじゃなくて、途中でくっと曲がっていて、これをかぎしっぽと呼ぶんですが、これって縁起がいいと言われているんです。幸福を招くと言われているんです。

幸坂:ペットショップではあまり見ないですよね。

池崎:基本的にペットショップではかぎしっぽの子は売られないみたいですね。完璧じゃないとダメみたいなんです。

尾崎:でもかぎしっぽの子もかわいいですよね。

池崎:かわいいですよね。それも保護猫ならではかなと思いますね。

尾崎:実際にかぎしっぽの2匹が池崎さんに幸運を運んでますね。


池崎:そうですよ!最近、猫ちゃん関係の仕事しかしてないですよ!(笑)「今日も猫の仕事か…!」ってことが多いです(笑)

尾崎:いいことですね(笑)招き猫だ。

池崎:他にも耳とか喧嘩で欠けてたりとか。目にも傷があったり。あとやさぐれた時代のある猫ちゃんたちなので、顔つきも全然違いますね。ペットショップの子たちは良いところの出なので目がキラキラしてクリっとしてるんですが、保護猫は人相というか。猫相みたいなのがあんまりよくなかったりするんですよね。

尾崎:出所してきたみたいな(笑)

池崎:アハハッ!そういう暗黒社会を見てきた猫の顔をしているんですけど、それもいいですね。交流していったらどんどん明るくなっていきますしね。

■猫感が強く、どこまでも自由!

尾崎:猫感というのは、猫特有の性格ということですか?


池崎:そうですね。僕の思う猫感は、人に懐かずとにかく自由ってことですね。とにかくふてぶてしい。甘えてくるのも餌が欲しいだけみたいな。餌あげたら食べて、そっからもう寄り付かないです(笑)

幸坂:警戒心を持ってるとあまり懐いてこないんですね。

池崎:たまにしか来ないみたいな。

尾崎:でもそのたまにがいいんですよね。

池崎:所謂ツンデレですよね。うちの子でいうと風ちゃんがその気がありますね。基本ツンなんですが、たまに猛烈に甘えてくることがあって、顔とか舐めてきて。そのときは「奇跡だ…」という気持ちになりますね(笑)やっぱり振り回されたいと思う人が、猫を飼うには合ってると思います。猫ファーストの世界になるので。パソコンで作業してたら絶対パソコンの上に乗ってきますからね(笑)

幸坂:具体的にどうやったら保護猫の里親になれるんですか?

池崎:譲渡会という保護猫がケアされてきれいになって、人に譲れる状態になった子たちが譲渡される会ですね。

幸坂:その日に持って帰れるというわけではないんですよね。

池崎:そうですね。そのパターンはあまりないですね。

尾崎:何回か行って決めていくんですか?

池崎:僕の場合は、見に行って「この子がいい」と言ったら、後日自宅に持ってきてもらって、ゲージやトイレなどの一式も持ってきてくれて、1ヶ月のトライアル期間があります。相性とか本当に飼えるのかを試してみて、それを経て飼うという感じです。

尾崎:じゃあ安心ですね。でもこっちは好きなのに、「向こうが懐いてくれなかったら…」という不安もありますよね。だからこそ、気持ちが通じ合ったら嬉しいでしょうね。

保護猫の関心の広がりと、捨て猫が減るようにとの思いで活動される池崎さん。ゲストコーナー全編はradikoのタイムフリーで。

9月10日のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190910163017

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)