お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

新しい和紙の世界

コシノジュンコ MASACA

今日は和紙デザイナー、堀木エリ子さんの展覧会をご紹介したいと思います。

堀木さんは、和紙の新しい世界を作った和紙デザイナー。手漉き和紙っていうと、提灯とかは分かりますよね。でも彼女の作品はそういうのではなくて、生活空間を設計するという考え方の作品が多いんです。「暮らしの中に使われてこそ文化」というコンセプトで、10年前から住空間や内装設計を手掛けてらっしゃるんですけど、今回の展覧会では、堀木さんの独自の手法で漉きあげたライトオブジェを中心にしつらえの場を展示しているということです。

立体的な和紙のたたずまい、ぜひご覧になってみてください。

————–

堀木エリ子展-和紙灯りのオブジェ」展
会場:横浜髙島屋 7階美術画廊
会期:2019年9月11日(水)~17日(火)※最終日は午後4時閉場
作家在廊予定日:9月11日(水)、14日(土)→16日(月・祝)
いずれも午後2時から6時