お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

東京ディズニーシー・新アトラクション「ソアリン」ってどんな乗り物!?

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。2001年の今日、世界で唯一、海をテーマにしたディズニーのテーマパークとして「東京ディズニーシー」が誕生。もう18年も経つんですね。そこで今日は、東京ディズニーランドとの違いをおさらいしながら、東京ディズニーシーの魅力に迫りました。

一番大きな違いは、「コンセプト」。ディズニーランドのコンセプトは「夢と魔法の王国」。パークのシンボルは「シンデレラ城」で、夢と魔法で作られるファンタジーの世界を反映したテーマパークになっています。パーク内でキャラクターにも遭遇する機会が多く、アトラクションやパレードも、お子さんからお年寄りまで、ディズニーに詳しくない方でも分かりやすい内容になっているんですね。

一方、東京ディズニーシーのコンセプトは「イマジネーションの海」。実在する海や、海に関する物語をモチーフとしたエリアで構成されています。パークのシンボルは「プロメテウス火山」。あくまでも演出ではありますが、時々、噴火します。異国情緒あふれる景色も魅力で、レストランでも様々な国の料理を堪能できる、大人向けのテーマパークとも言えます。

また、アトラクションはディズニーランドと比べて、絶叫系が多いと言われています。ディズニーシーで最も強いと言われているのが、「タワー・オブ・テラー」。古いホテルのエレベーターに乗り込んで、高さ38メートルからの急降下を味わえるフリーフォール アトラクション。

怖がりの方でも乗る事が出来そうなのが、7月23日にオープンした新しいアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」。テーマは、“空を飛ぶという人類の夢”を称える、架空の博物館。「ドリームフライヤー」呼ばれる乗り物に乗り込み、円形モニターで世界各地を滑空(かっくう)するような映像を鑑賞するライド型のアトラクションです。体験した人によると…VRさながらのリアルな水しぶきや、砂埃などがゴーグルをつけずに体感できるのが特徴なんだとか。まるで空を飛んでいるかのような、心地よい感覚やスリルを味わう事ができるそうです。

東京ディズニーシーは今後、新しいアトラクションや施設が立て続けにオープンするそうで…来年の春には『美女と野獣』のアトラクション。2021年度の「トイ・ストーリー・ホテル」。さら2022年度には『アナと雪の女王』や『塔の上のラプンツェル』、『ピーターパン』といったアトラクションもオープン予定だという事です。楽しみですね。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。