お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

エゴサーチだけではない、「5G」の世界

ACTION

9月4日(水)のACTIONのタネのテーマは「5Gで生活はどう変わる?」。超高速・大容量の通信ができる、次世代の通信規格「5G」のサービスが日本でも始まろうとしています。エゴサーチ生活により拍車がかかることを心配する松永さんですが、今日はITジャーナリスト・三上洋さんから5Gのエゴサーチ以外の使い道などを教えていただきます。

三上:今の4Gに比べて5Gの通信速度は大体100倍ぐらいになります。

松永:えぇ!100倍!?それってエゴサーチする前にエゴサーチしてることになっちゃいますね(笑)

三上:2時間の映画をダウンロードすると数分ぐらいはかかりますが、それが5Gだと数秒で済みます。今は飛ばし飛ばし映画を見ようとすると、飛ばしたときクルクルする表示が出てくると思いますが、5Gだとダウンロードしたもののように一気に見ることができて、そういった待ち時間がなくなります。

三上:それから多数同時接続、皆で一緒に同じ場所でできます。たとえばライブ会場やお祭りの会場って携帯電話がすごく繋がりにくいですよね。それがなくなります。一つの会場で数千人、あるいは万の単位で繋いでも大丈夫と言われています。たとえば武道館ライブで、皆でスマホを連動させて、同じ色を出すこととかもできるようになります。

松永:4Gから5Gの大転換というのは、技術的に進んだからできたことなんですか?

三上:そうですね。技術が進んでいろんなことができるようになります。たとえば遠隔手術ですね。

松永:遠隔で手術ですか?

三上:今、外科手術ではすでにロボットが使われています。ロボット手術は人間の手よりも微妙な操作ができるんですね。ロボット手術は優れているとして注目されていて、それが遠隔でできるんです。地方では病院がないことが問題になっていますが、それが5Gで離れた場所でも高度な手術ができるようになると言われています。

思わず( ..)φメモメモ

三上:ほかにも自動運転車や工事現場、あとドローンによる物流などにも対応できるようになります。

松永:すごいですね…!もうスマホの通信速度の話じゃないですね。

三上:そうですね。もうスマホの進化って行き着くところまで行ってまして、「これ以上早くなってどうするの?」ぐらいまで来ちゃいました。そうではなくて、私たちの生活や仕事、産業、医療などをものすごく速い5Gによってもっと便利になりますよという世界なんですね。

エゴサーチだけではない5Gの世界。ACTIONのタネ全編はradikoのタイムフリーで。

9月4日のACTIONのタネを聴く
http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190904160000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)