お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

とりあえずチケットとっちゃえば…休み方改革のススメ

ACTION

9月3日(火)のゲストは平日は激務のサラリーマン、週末は海外旅行を楽しむリーマントラベラーの東松寛文さん。今年6月に『人生の中心が仕事から自分に変わる!休み方改革』という本を出された東松さんから、週末に海外旅行をするススメを伺います。

尾崎:東松さんがリーマントラベラーとして活動するきっかけはなんでしょうか?

東松:もともとは社畜寸前のサラリーマンをやってたんです。平日は終電まで働いて、あと飲み会ですね。

尾崎:付き合いですね。特に新人のころは…

東松:断れないですよね。それ含め仕事だと思ってたので。「旅行とか無理だな…」とか思ってたんですが、社会人3年目のころバスケのNBAが好きすぎて、チケットを調べてみたら、プレーオフなのに日本円で8000円だったんです。意外と安いんです。そこで買ってみたら、なんか勇気出そうじゃないですか。とりあえず買ってみて、チケットが届いたんです。そうしたら行けるはずないのに、どんどん「行ったほうが良いんじゃないか?」と思ってきたんです。

東松:それで意を決して上司に「1日休みをください」と。そのときのゴールデンウィークが4連休で、プラス1日休みの5連休でロサンゼルスへ。上司も「行ってこいよ」と言ってくれて、3泊5日というスケジュールで行きました。短いですが、「5日間しかない」と思ったら思いっきり楽しめて。平日は仕事や会社のために捧げていたのに、向こうに行くといろんな生き方をしている人がたくさんいて。自分のために生きているなと感じました。それが羨ましくて、かっこいいなと思って。そこからまた海外旅行に行きたいなと思うようになりました。

尾崎:うまく休みを取るにはどうしたらいいですか?僕は個人的に、いつかニューヨークに行きたいと思っていて。

東松:いいですね!

尾崎:ニューヨークの景色を見たいんですよ。でもまだパスポートもなくて…

東松:えっ?大至急取ってください!(笑)

尾崎:どうしたら海外に行けるんですか?


東松:仕事もお忙しいですもんね。僕も忙しくて休みが取れなかったのですが、きっかけはバスケのチケットを取っちゃったことですね。きっかけとしては、航空券を取るのは高いと思うので、バスケやミュージカルのようなニューヨークでしか見られないもののチケットを押さえちゃえば、数千円で済むので、買ってみると気持ちが変わると思います。東京オリンピックのチケットが当たった人ってその日仕事がどうなるかとか分かってないで買ってるじゃないですか?絶対調整すると思うんです。その感覚でまずチケットを買っちゃうことで、「絶対休むんだ」という強い気持ちをあとから湧かせるんです。

尾崎:外堀を埋めるんですね。ほかにはありますか?

東松:あとは周りに言っちゃいますね。自分の意思を周りから固めていきます。なので、是非ラジオで行くと宣言してもらって…(笑)

尾崎:行きます…!

幸坂:ほかにポイントはありますか?

東松:自分の中で休むことが決められなければ、誰かと一緒に行くことにして「誘っちゃったしな」とか、または「誘われちゃったしな」みたいなことにしちゃって。

尾崎:人のせいにしちゃうんですね(笑)

東松:自分の一番確固たる決意をしやすい方法ですね。僕は偶然、間違ってチケットを買ったところがスタートなので、チケットを取るというのが一番やりやすい方法ですね。


尾崎:チケットは人じゃないからそのせいにしやすいですね。

東松:多分アーテイストのファンの人とか、そのパターンは多いと思いますよ。

尾崎:僕は普段、いろんな人のせいにされているかもですね(笑)

幸坂:理解を得るのは大変じゃないですか?

東松:自分が休めても周りが休めないというパターンもありますよね。仕事っていろんなことを忖度しながら過ごすじゃないですか。その忖度を自分が休むときに使うんです。保身のために使っていた忖度力を、自分の未来に使うんです。休みって会社のために体力を休ませるという意味もありますが、見方を変えたら自分のために使う意味もあります。そうしたら会社に休みを得るためのプレゼンも仕事のようですよね。


尾崎:皆が皆、じっくり休めば仕事の効率があがるというわけではないですもんね。週末にスポーツや旅行に行くことがリフレッシュになる人もいますからね。

東松:僕はそれが旅で、自分で好きなことを先送りにしていたことをちゃんと決めてやるという風にしたら、人生まで変わってしまうかもしれないと思いますね。

このほか、職場への気配りや現地での振る舞い方など学びました。ゲストコーナー全編はradikoのタイムフリーで。

9月3日のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190903163055

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)