お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

チョコレートジャーナリストに聞く「カカオの豆知識」

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


金曜日の6時10分頃からは、明治チョコレート効果 presents 生島ヒロシの『健康ライフ』。

今朝は、チョコレートジャーナリストで、ショコラコーディネーターの

市川歩美さん

に「カカオの豆知識」を教えて頂きました。

 

市川さんは、日本で唯一のチョコレートに特化したジャーナリスト。
365日、日本国内や、カカオの生産地などを取材し、情報を発信しています。

ここ数年は毎年、カカオ生産地へ出かけて取材。先日は、台湾南部の産地へ出かけたり、去年はちょうど今頃メキシコのカカオ農園へ行き、カカオの栽培が始まった国とされる有名な、メキシコ・ソコヌスコ地方のカカオ農園です。「カカオ」は、野菜やくだものと同じように、農家が育てていて、種をまいてから木が成長し、カカオの実がなって収穫できるまでにかかる期間は2〜3年くらいです。かなり手間も時間も、たくさんかかる農作物なんです。カカオの実は、ラグビーボールのような形をしていて「カカオポッド」と呼ばれ、長さはおよそ15〜25cm。直径は7〜15cm、重さは250g〜1kgほど。ひとつのカカオポッドの中に、白い果肉に包まれたカカオ豆がおよそ30〜40粒入っています。

 

Q、チョコレートの健康効果が注目されている?
「ポリフェノール」という成分は、植物が自分の体を守るために体内で生み出す成分。赤ワインやお茶に多く含まれていることで有名だが、カカオ豆は、赤ワインやお茶以上にポリフェノールをたっぷり含んでいます。
また、炭水化物と脂質も含まれている。炭水化物と脂質は、熱や力のもとになる働きがある。登山のときに持っていくことが多いチョコレートは、いざというときのエネルギーになるからです。

Q、チョコレートの豆知識
かつてアステカ帝国では、カカオ豆をすりつぶしてドロドロにして飲んでいました。
→砂糖が入ってなかったので、味を想像すると、苦くてかなり美味しくなさそうなものではあるのですが、それを「チョコラトル」と呼び、王様や戦士たちがパワーをつけるために飲んでいました。カカオ豆はお金と同じぐらい大切だったため、チョコラトルを飲めるのは王様や貴族など、特権階級の人々だけでした。カカオの学名は「テオブロマカカオ(神様の食べ物)」。その言葉からも、チョコレートは大変珍重されていたことがわかります。

 

このコーナーでは、皆さんからメッセージをお待ちしています。
番組の感想、明治「チョコレート効果」のオススメの食べ方、
来てほしいゲストなどを書いて お送りください。

※メッセージを頂いた方の中から抽選で、毎月10人の方に明治「チョコレート効果」1か月分を差し上げます。住所、お名前、電話番号もお忘れなく。

メールは、ohayou@tbs.co.jp
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」
「明治チョコレート効果」係まで

 

詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴き下さい!

「カカオの豆知識!」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190809061110

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)