お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


圧巻!100万本のひまわり!「あけの ひまわりフェスティバル」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。

「真夏の花」というイメージがある「ひまわり」。
でも、茨城県筑西市では、8月も終わり近いこの時期がひまわりの季節です。
明野地区というところで行われている「あけの ひまわりフェスティバル」
今年は、8月日25日から9月2月までの開催です。

筑波山を背景にした、およ4・4ヘクタールの広い敷地。
ここに咲くのは、ひまわりやコスモスなどおよそ100万本の花。そして、こちらに咲くのは、「八重ひまわり」です。一般的なヒマワリは、花のまん中が茶色くなっていますよね。でも、八重ひまわりは、すべてが黄色。そのため、満開のひまわり畑は、一面、光り輝いているように見えるそうです。しかも、その中に小道があって、歩くこともできるというので、そこをお散歩したら、きっと夢心地でしょうね。

そして・・・このイベント、花を見るだけではないんです。
会場内にある「ひまわり切花園」では、5本300円で、ひまわりを持ち帰ることができるんです。受付でハサミを受け取り、自分の好きなひまわりを5本選んでちょきんちょきん。また、プラス100円で、花束のラッピングもしてくれるのだそうです。光り輝くお花畑の感動を、家族やお友達のお土産に・・・なんてすてきですよね。

さて、このフェスティバルは、なぜ夏の終わりに行われるのか、そこにはこんな理由がありました・・・ひまわりやコスモスが咲く敷地は、もともとは畑。持ち主の方がいる麦畑なのだそうです。麦の収穫が終わった、6月中旬から下旬に、花の種をまくことになるので、開花時期を迎えるのが、夏の終わりになるというわけです。また、雑草とりなど、花畑のお手入れには、一般市民の方も参加。地元の皆さんもほんとうに、ここのお花たちを大切にされているようです。

茨城県筑西市の「あけの ひまわりフェスティバル」、地元の皆さんの愛情をいっぱい受けて育ったおよそ100万本のお花たち、皆さんも見に行かれてみてはいかがでしょうか。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。