お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

ゲームでストレスを感じたい! ストレス大好きな庄野崎謙さんのゲームポリシーは「マイストレス・マイライフ」

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

庄野崎謙さん完全版トーク後編はこちらから↓↓

■ゲームでやられて、ストレスを感じたい

「マイゲーム・マイライフ」のゲストは前回に引き続き、俳優の庄野崎謙さんです。なんと、「ストレスが大好き!」という庄野崎さん。「ストレスというものをこんなにポジティブに捉えるなんて」と宇多丸さんも驚愕するほど。

今回は、今ハマっている『ARK』の話をしてくれたのですが……、ここでもストレスを好んで味わいにいく様子が見受けられました。
『ARK』は半日もログインしないと自分の基地が壊されてしまうため、とにかく24時間体制で交代でインする必要があるのですが、そういうのはあまり性に合わないという庄野崎さん。自分のペースで一人でプレイするため、一日やり込んで翌日仕事でログインできないと、基地はもちろん壊れています。


庄野崎「次の日にまたやろうと思ってログインしたら、粉々に。また最初から」

宇多丸「なんか、聞いていると気持ちがすさんでくるなぁ!(笑)」


庄野崎「いや、やっぱり、ストレスがね」

宇多丸「あはははは! ばっちりストレスが味わえるというね」

また、RPGはあまりストレスを感じないゲームなため、あまり好みではない様子。確かに、アクション要素がないRPGだと、レベルをコツコツ上げさえすれば勝ててしまうため、負けのストレスはあまりありません。


庄野崎「ストレス感じたいんです」

宇多丸「ストレスね(笑)。弾が切れたりとかね、してほしい」


庄野崎「うぅぅぅううう~ってなって、やられたい」

宇多丸「あはははは! わりとストレートにMっ気が出てきましたね、発言が(笑)」

そして、ゲームをする際の姿勢にも、ストレス要素が……。

庄野崎「リビングの椅子をドンとテレビの前に置いて、そこに前傾姿勢で、足がしびれてくるような態勢でやるのが基本ですね」


宇多丸「そこはストレスを軽減する態勢でやったほうがいいんじゃないですか?(笑)」

庄野崎「(無意識に)ストレス感じてますね、そこでも。背もたれに寄りかかってやればいいのに」

ところが、飲食についてはしないとのこと。

庄野崎「飲食は基本しないですね。コントローラーが油っぽくなるので」

あ~、惜しい! そこは「コントローラーがベタベタになってストレスを感じたい」、と言ってほしかったところです。

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

庄野崎「年齢的にも、仕事もあるので、一回にゲームをする時間は少なくなってきたんですよ。その時間はもう、本気でやる。ストレスを感じても、本気でやる」

宇多丸「ストレスはだってねぇ、庄野崎さんはドンと来いですもんねぇ」

庄野崎「マイストレス・マイライフなので」

宇多丸「はははは! マイストレス・マイライフ、いまだかつて地球上で発されたことのない組み合わせの言葉ですよ(笑)」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

ピックアップ