お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり
  • PR

「幼い頃、脚本家になりたかったです」 中江有里さん 有馬隼人とらじおと山瀬まみと

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

毎週金曜日朝8時30分から11時まで放送中の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
有馬隼人とらじおと山瀬まみと

8月16日は、作家で女優の中江有里さんをお迎えしました。

大阪府出身の中江有里さんは、1989年、16歳の時に芸能界にデビューし、歌手、女優として活躍する一方で、2002年に書いたラジオドラマ「納豆ウドン」が、NHK大阪の「ラジオドラマ脚本懸賞」の最高賞を受賞、その後、作家としてもデビューされました、「結婚写真」「ティンホイッスル」など、小説も執筆。作家と女優だけでなく、コメンテーターとしても数々の情報番組にも出演されています。

アイドル歌手としても活躍した中江さん。微妙に時期がずれていて、同じ世界にいながら、山瀬まみとちゃんと話すのは初めてだったそうです。

現在、作家として大活躍中の中江さん、実は幼い頃から、芸能界の出演者よりも「脚本家」になりたいと考えていたそうです。そのお話しには、有馬も山瀬も「そんなに以前から・・・」と驚いていました。さらに、作家として大切にしている思いや、アイドル時代のことなど、いろいろとお話しいただきました。

詳しくは、radikoのタイムフリーでどうぞ。下記から、8月23日(金)までお聴きいただけます。

中江有里さんの最新小説「トランスファー」は、中央公論新社から、本体価格:1500円で発売中です。お近くの書店、インターネットでお買い求めください。
お問い合わせは、「中央公論新社 ブックサービス」、電話 0120 29 9625 までどうぞ。

中江有里さんが出演されるトークショー「GORO MATSUI presents Talk Gallery VOL4 松井五郎 中江有里」は、9月3日・火曜日、東京・代官山の「T-SITE GARDEN GALLERY」で開催されます。詳しくは「代官山 T-SITE」のホームページをご覧下さい。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年8月16日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190816100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)