お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


8月11日(日)たっぷり触れ合えるダチョウ牧場「スマイル オーストリッチ」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの柳沢 怜です。

柳沢 怜

TBSラジオキャスター。車、音楽、お酒、野球観戦が大好き!動物にくわしい。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

夏休みのおでかけ先にピッタリ。神奈川県相模原市のダチョウ牧場・スマイル オーストリッチをご紹介しました。

ダチョウ7羽と、エミュー、ヤギ、ブタ、うさぎ等15種類の動物とたっぷり触れ合える牧場です。

▲お手ができるブタ!「カリーナ」


関東にはダチョウ牧場が数か所ありますが、こちらの牧場の特徴は、まず従業員がたった1人ということ。オーナーの麓 善五郎さんがすべての動物のお世話をしています。

▲オーナーの麓さん。右は学生ボランティアの小野寺さん


麓さんの経歴もユニークです。大手電機メーカーで半導体の研究をしていたところを50歳で脱サラ、10年前にダチョウ牧場のオーナーになりました。

▲秋田犬もいますよ


最初はダチョウ肉を商売にしようと考えていたそうですが、見学する人が喜んでダチョウと触れ合っているのを見て「もっとみんなに可愛がってもらおう」と思い、10周年の今年4月、ふれあい重視の施設にリニューアル。

▲両手で仔ヤギを撫でられる幸せ!


柵越しではなく直接ダチョウとハグしたり、エサをやったり「こんなに濃厚に触れ合えるところは珍しい」と人気で、休憩所のゲルやお手洗いもキレイに整い、お客さんが3倍に増えました。

▲牧場の烏骨鶏の卵から作ったアイスも食べられます


私も2羽のダチョウが放牧された柵の中に入ってみました。放送中は鶏や孔雀がにぎやかに鳴いていましたが、ダチョウは鳴かず、とっても静か

ガンコ(メス)とホワイト(オス)


仲良く日陰で涼んだり(アフリカの鳥なので暑さは平気ですが、湿度が苦手なんだとか)、麓さんの後ろをついて歩いたり、肩をつついて甘えたりしてとても可愛いです。

▲麓さんに甘える「ガンコちゃん」


来場者をお客様扱いするのではなく、牧場の仕事や動物のお世話を体験することで楽しんでもらうというところも、この牧場の特徴。

▲目が可愛い


私も、ダチョウとブタに水をかけたり、ブタを熊手で掻いてあげたり、イタズラをして困っていた子ヤギの手助けなどを体験。動物が気持ちよさそうにしてくれると嬉しくなりますね。雄ヤギに頭突きされるという手荒な歓迎も受けましたが(笑)

▲イタズラ仔ヤギがこんなことに…


とくに貴重な体験だと思ったのは、やっぱりダチョウのえさやり。2m以上あるダチョウが頭の上から長い首を伸ばして手元を狙ってくる動きは予測ができずスリル満点。硬いクチバシの衝撃が少し痛いときもあるんですが、達成感があって楽しいです。(プラスチックのしゃもじのような感触でした)

▲足の大きさにも驚きます


ちなみにダチョウやヤギのエサは売っているわけではなく「そこらへんの草をむしって、丸めてやればいいよ」というのが、麓さん流。ダチョウによって好みの草に違いがあったり、人の手からやさしく上手に食べてくれるダチョウ・痛いくらいの勢いでがっついてくるダチョウの違いも比べてみると面白いですよ。

▲タイミングがよければ、ダチョウの卵も見られます


汚れても構わない服装で行って、ぜひ存分にダチョウや動物たちと触れ合ってみてください。新しい企画「ナイトツアー」も来週16日から始まります。※ナイトツアーは当面は定休日の金曜日に行います、詳しくはホームページなどでご確認ください。