お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

チャゲも惚れたシンガーソングライター:川島ケイジさん

コシノジュンコ MASACA

2019年8月11日(日)放送
川島ケイジさん(part 1)
和歌山県出身のシンガーソングライター。学生時代に大阪で三人組ロックバンドを結成し、音楽活動をスタート。解散後に単身上京、ユニバーサルミュージックジャパンよりメジャーデビュー。現在は都内のみならず、千葉・山梨・静岡・名古屋など、年間50本以上のライブを展開しています。

JK:湯川れい子さんの紹介で、渋谷のライブを見に行ったんですよね。そしたらカッコよくって! バンドの前で、一人で歌うときのそぶりがすごくすてきで。

出水:川島さんの歌声に惹かれる方は音楽業界はもちろん各方面に多くて、その中の一人が、デビューのきっかけを作ったプロデューサーの石坂敬一さん。石坂さんは東芝EMI時代にビートルズを手がけた方で、日本レコード協会の会長も歴任されています。2016年の年末にお亡くなりになっているんですけれども、石坂さんとの出会いのきっかけは?

川島:ミュージカル女優の方のライブにゲスト出演した時に、薬師丸ひろ子さんの「Woman“Wの悲劇”より」を歌わせていただいて。その時にたまたま石坂さんが身に下さっていて、ライブが終わったら僕の手をガッとつかんで「お前を世に出すからな」って言ってくださったんです。

JK:残念だったわね~! 私も「石坂敬ちゃん」って言って、仲良かったんですよ。加藤和彦さんとかみんなお友達で、音楽業界のボスみたいな人で。彼が言うなら本気ですよ。

川島:いやもう本当にびっくりしましたし、光栄でしたね。それからすぐ、メジャーデビューの話になっていったので。会長って本当にすごいんだなって。2016年の大晦日だったんですが、その夕方会長に「今年もお世話になりました」って電話して、「じゃあ来年も一緒に頑張ろうね」って話をしてくださったんですけど、次の日にもう亡くなられた。

JK:えーっ! 前の日に電話してたの?!

川島:その時に、いろんな方に「川島をよろしく」って電話をかけてくださってたらしいんです。本当にびっくりしました。

JK:私もやっぱりそういうことがあって、こういう出会いがあったんだと思います。

出水:川島さんのギターは、ある方のギターなんですよね?

川島:そうですね、チャゲさんのギターで。「永遠に貸す」って(笑)

JK:永遠に弾いてください!

川島:もともと僕、静岡のFMでラジオ番組をやってまして。番組のディレクターがチャゲさんの番組の方とつながっていて、僕のCDを渡してくださったんです。それをチャゲさんが気に入ってくださって、ゲストに呼んでいただいて。その時僕は三茶に住んでたんですが、チャゲさんの事務所も三茶にあって「お茶飲む感覚でいつでも遊びに来い」って言ってくださったんです。でも社交辞令だったみたいなんですけど(笑)僕はそれを真に受けて、お菓子片手にアポなしで行っていったら、「お前、本当に来たのか」って。

JK:(笑)でも、出会いって本当クリエイティヴ。出会わないと始まらないし。いい人と出会ったわね。

出水:チャゲさんってどんな方ですか?

川島:僕のイメージですけど……妖精さんみたいな感じです。

JK:えっ、そうなの?? 妖精?

川島:僕の中では、ですけど(^^;) 本ッ当にやさしいですよね。それから連絡が取れなくなって、僕もどうやって連絡取っていいか分からない状況が続いたんですが、そのあと静岡でライブがあったんですよね。1Fが窓枠ってライブハウスで、2Fが青空っていうライブバーだったんです。その日、僕が2Fの青空で、チャゲさんが1Fの窓枠でライブしているっていう。

JK:エエエエーッ!

川島:そんなことあります? 「俺、今日上でライブなんです」「ああ、じゃあお前遊びに来いよ」って。その後、チャゲさん主宰のチャゲフェスにぽんって僕を入れてくださって。今回「KEIJI HOLIC」っていうアルバムの中で、チャゲさんの「SOMEDAY」をカバーさせていただいたんですが、チャゲさんもコーラスに参加してくださいました。

出水:貴重ですね! それはオファーされたんですか?

川島:一緒に焼き肉を食べたときに(笑) 去年のサントリーホールでコンサートをやった時に、チャゲさんもゲストで出演してくださって、その時に一緒に歌った曲なんです。すごくとてもきれいなメロディの楽曲だったので、「歌わせてもらえないですか? それでもし良かったら、一緒に出ていただけませんか?」って言ったら、「いいよ」って言ってくださって。

JK:優しいね~。

出水:3年ぶりのアルバムで、テーマは「恋愛観」だとか?

川島:大人の色気を全面的に出そう、と思って。自分の楽曲は優しいものが多かったので、今回は狼というか、自分のそういう部分を出していこうって。力強い言葉も使ってますし、今までにないアルバムになっていると思います。

出水:歌詞を読み解くと、こういう恋愛をなさっていた、ということですか?(^^)

JK:願望も含め?

川島:えっ、まぁ、そうですね(^^;)それもあると思いますし、過去の経験からもチョイスしていると思います。

=OA楽曲=
M1. Allure (生演奏) / 川島ケイジ

M2. リバーサイドホテル / 川島ケイジ

「コシノジュンコ MASACA」
TBSラジオで、毎週日曜17:00-17:30放送中です。ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。