お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

地球がやった自然のデザイン、それが「石」

ACTION

TBSラジオ「ACTION」5時台のコーナー「ACTION」プロジェクト。パーソナリティやリスナーのみなさんのちょっとした野望を叶える進行型企画!

何週間か前に子供の頃、石を集めていたという話をした幸坂さん。当初小馬鹿にしていた松永さんですが、この話の反響が凄まじく、リスナーからオフィシャルで松永さんにクレームが入るほどに。これにピンときた幸坂 a.k.a. 幸石理加さんは石フェスを開く運びに・・・!?

今回は、石を面白い角度で楽しむ地質のプロ!名古屋市科学館主任学芸員・西本昌司さんをお迎えして、楽しい楽しい”石談義”です。

松永:今回、西本さんに出演をお願いする際に「赤坂TBS放送センターにお越し下さい」とお伝えしたところ、「化石だらけの赤坂サカスの奥にあるビルですね」と返事が来てスタッフがびっくりしたそうですが。化石だらけなんですか?

西本:そうですよ。久々に入ってみたら、アンモナイトがいっぱいあるんですよ!

松永:えっ?赤坂サカスにアンモナイト?マジっすか?

西本:写真お見せしましょうか?

松永:うわぁ、本当だ!アンモナイトだ!

幸坂:これ、嘘ですよね…?絵ですよね?

西本:絵じゃないですよ!

松永:こういうデザインとか柄かと思ってました。すげぇ!こんなに生活に石が密着してると思わなかったです。しかも化石だなんて!これ、本物の石だと知ったらちょっと見方変わりますね。

西本:これはまさに、地球がやった自然のデザインなんです。

松永:そうなってくると神々しく見えてきますね…

松永:たとえば駅に降り立って、「この壁はあの石だ!」ってときめくってことは、街を歩くのがすごく楽しいですよね!

西本:楽し過ぎて困っちゃうんですよね!

松永:俺からすると例えば東京駅は「広っ!でかっ!難っ!」って感情しか出てこないですけど、「この床の石はこれだ!」とか思えたら、東京駅でときめけるから正直すごく羨ましいですね。

西本:自然の観点だけじゃなくて、デザインの視点から見る石も面白いんですよ。「何で設計者はこの石を使ったのかな?」とか。そこには地球の歴史だけじゃなくて、人の歴史や街の歴史という視点も入ってくるので面白いですよね。

松永:幸坂さん、僕ら自然の石だけ着目してたけど、素材としての石という視点もありますね。何か、幸坂さんは「石に呼ばれる」みたいなことを仰るんですよね。

幸坂:そうです。西本さんは呼ばれますか?

西本:呼ばれますね〜。

松永:おぉ、呼ばれ合う人たち…(笑)

西本:「やっぱり、ここにはこの石があったか!」とか。

幸坂:海の周りの石とかついつい拾いたくなるんですよね。

西本:キラッと光るとね、拾わざるを得ないですよね〜。

松永:拾わないという選択肢など、ない!(笑)

石談義で共鳴し合う、幸坂さんと西本さん…「ACTION」プロジェクト全編はradikoのタイムフリーで。

8月7日のACTION PROJECTを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190807170749

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)