お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 8月5日放送分】パラリンピック東京大会、そして北京大会出場を目指す~小須田潤太さん▼「男子高校ラグビー神奈川県四強」関東学院六浦中学校・高等学校▼石井大裕×小林萌夏×谷本魁渡(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2019年8月5日(月)放送後記

スタジオは、高校3年生の小林萌夏(こばやし・もか)さん
高校2年生の谷本魁渡(たにもと・かいと)くんとお送りしました。

 

<高校生の主張>
毎回、TBSラジオキャスターが首都圏の高校に伺い、現役高校生たちに

学校生活にまつわる話題を取材します。

 
今回は、横浜市にある関東学院六浦中学校・高等学校にお邪魔しました。

中高一貫の共学校で、創立は1953年(昭和28年)です。

「キリスト教精神による自立した人格の形成と、社会に貢献できる人材の育成するため

 『共に励まし合う人』『社会に奉仕する』『平和を尊重する人』」を

教育目標に掲げています。

今回はTBSラジオの甲斐彩加が、高等学校の「ラグビー部」を訪ねました。

ラグビー部は中学校・高等学校、しかも男子と女子、それぞれにあります。

特に男子は、「神奈川四強」と言われる名門の強豪校です。

練習前の時間に、男子は、キャプテンの臼井健人(うすい・けんと)くんと

中丸和紀(なかまる・かずき)くん、

女子は、キャプテンの大貫愛友(おおぬき・あゆ)さんと

粂日向子(くめ・ひなこ)さんにお話しを伺いました。

4名の皆さん、ありがとうございました。

今週は、練習内容や今後の目標などを聞きました。

 


甲斐キャスター

「練習日程や活動内容、成績などはいかがですか」
生徒
「毎週木曜日は、男女、中学校のラグビー部も一緒に練習をしています。他の日は別々です」「男子ラグビー部は去年、7人制全国大会の神奈川県予選では準優勝、全国大会の神奈川県予選では3位でした」「女子は今年4月の『ソニックス・ワールドユース・ラグビー大会』で3位になりました。海外の強豪チームとも対戦し、大勢の外国人と話せて交流できました」

 

甲斐キャスター

「今後の目標や、これからの予定を教えて下さい」
生徒
「(男子は)9月に神奈川県予選があるので、桐蔭学園に勝ちたいです」「目標は『打倒四強』です。神奈川県の高校ラグビーの四強(関東学院六浦、桐蔭学園、慶應、東海大相模)として、他の3つの高校を倒せるよう頑張ります」「(女子は)9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019日本大会のイングランド対フランス戦で『フラッグベアラー』を務めます。選手の皆さんと一緒に、国旗を持って入場します」「ワールドカップは全国大会の前なので、世界のトップレベルの選手の試合を見て勉強できるのは、とても嬉しいです」

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

今回は、来年のパラリンピック東京大会への出場を目指している

陸上選手の小須田潤太(こすだ・じゅんた)さんをお迎えしました。

小須田さんは、東京大会だけでなく、冬季パラリンピック北京大会への

スノーボード競技での出場も目指していらっしゃいます。

 


小須田潤太さん。

1990年、埼玉県生まれ。学生時代はサッカーを経験。21歳の時に事故で右足を失ったことから、パラスポーツを始めました。陸上では「100メートル」と「走り幅跳び」、スノーボードでは「クロス」と「スラローム」に取り組み、頭角を現します。今年3月の「パラ・スノーボード 世界選手権」では、クロスで7位、スラロームで8位を記録。一方の陸上では、今年5月の「ワールド・パラ・アスレティクス・グランプリ」で
100メートルと走り幅跳びで2位になるなど、日本のパラアスリートとして注目されています。現在は、「オープンハウス」の社員として働きながら、陸上で来年の東京パラリンピックを、スノーボードで2022年の北京・冬季パラリンピック出場を目指しています。

石井大裕アナウンサー
21歳の時に交通事故で右足を失うことになりました。リハビリについて教えてください。
小須田潤太さん
自分の場合、切断した右足の「もも」の部分の骨も折れてしまったので、その治癒に半年ちょっと掛かり、そのあとに義足の作成に入りました。折れているところを治さないと義足を履くことすら出来なかったので、足を切断したほかの方に比べて、リハビリの期間は長かったかも知れません。また、その時に、歩くことが出来ず、車いすや松葉づえの期間が長かったので、体力も落ちてしまいました。少し歩いただけで息が上がったり、筋力も落ちてしまいました。
石井アナウンサー
パラスポーツとの出会いを教えて下さい。
小須田潤太さん
2015年8月の「ランニング・クリニック」というイベントに参加した際に、初めて、競技用の義足に出会いました。3日間の行程で、身体づくりのトレーニングなどをして、最終日の午後に走りました。とにかく、今まで感じたことがないような疲れで、全身、筋肉痛でした。キツかったのですが、それ以上に「楽しい」と感じる部分が多くありました。今まで(事故の前は)当たり前に走れていたのに、「義足で歩くのがやっと」という状態でイベントに参加し、まさか、そんなにすぐに走れるとは思っていませんでした。「板バネ」を付けて参加したのですが、トランポリンに乗っているような跳ねる感じと、義足になってから無かった「風を切るような感覚」は、今でも覚えていますが、本当に楽しかったです。
石井アナウンサー
小須田さんは、来年のパラリンピック東京大会の出場に向けて頑張っています。さらに、スノーボード選手として2022年の冬季パラリンピック北京大会への出場も目指していますね。
小須田潤太さん
最初に陸上を始めて、そのあとにスノーボードにも挑戦しました。パラリンピックの陸上のトップ選手である山本篤選手の影響で陸上を始めました。実は、山本選手は、前回のパラリンピックピョンチャン大会にスノーボードでも出場されています。山本選手がピョンチャン大会にも出場する姿を見て「自分でもやるしかないな!」とスノーボードを始めました。

番組では、そのほか、事故の時の記憶や、高校生へのメッセージも伺いました。
くわしくは、下記のバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190805210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、
スタジオに遊びに来たい高校生などを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 


甲斐彩加、特別に、関東学院六浦ラグビー部の
ジャージーを着用させてもらいました。
ラグビー部の皆さん、ありがとうございました。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================