お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


5月29日(日)東松山市が「世界一長い焼き鳥」に挑戦!(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの阿部真澄 です。
放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

阿部真澄
TBSラジオキャスター。スノーボード・サッカー・ゴルフなど、アウトドア大好き!

今日5月29日の放送では、埼玉県東松山市が挑戦した 世界一長い焼き鳥(セカチョウ)をご紹介しました。

埼玉県東松山市は、日本三大焼き鳥の街の一つで、豚のカシラ肉に辛みそをつけて食べる“焼き鳥”が有名です。そんな埼玉県東松山市が世界一長い焼き鳥に挑戦!しました。福島県川俣町が10メートルの焼き鳥を作ったのがきっかけで、10年前から様々な街や団体が記録を更新しています。去年は山口県長門市が25.05メートルで新記録を作ったので、東松山市は25.55メートルで新記録に挑戦します!

やきとり1

▲実行委員長 商工会青年部 大島さん

長い竹串いっぱいに豚肉を刺すものかと思いきや、10時のスタートと同時に、皆さんがステンレスの細長いパイプにお肉を刺し始めました。実は、これは東松山市が考案した秘密兵器!直接竹串にお肉を刺すと時間もかかるし、竹串に負担がかかって折れてしまいます。そこで、まずは竹串よりも一回り大きなパイプにお肉を刺してそのパイプごと竹串に刺す、そしてパイプからお肉をスルッと抜いて竹串にスライドさせる方法で、時間短縮且つ、お肉と竹串への負担が軽減できます。

やきとり2

▲パイプにお肉を刺す様子。3センチ~5センチ大のお肉を次々に刺していきます


やきとり3

▲お肉の刺さったパイプをそのまま竹串に通します

この竹串は長さ26メートル、太さは割り箸くらい。竹串は一本の竹から作らなくてはいけないのですが、とにかくこの竹串作りが大変だったそうです。26メートルの竹がそもそも見つからず、やっと見つかったのが京都の竹林。大島さんは自ら竹を京都まで採りに行き、3日間かけて26.5メートルの長さの竹と出会ったそうです!これ以上長い竹を見つけるとなると、次は海外に行くしかない!と言っていました。

全てのお肉を刺し終わったのは、12時頃。約2時間かけて25.55メートルの焼き鳥が完成しました。ここから焼きに移ります。「せーの!」という掛け声で、横に並んだ50人が一斉にお肉を持ち上げ、焼き台に焼き鳥を移動させました。持ち上げたときに竹串が折れてしまうこともあるそうで、皆さん真剣!

やきとり4

▲約30キロの豚のカシラ肉で完成した25.55メートルの焼き鳥

途中でお肉をひっくり返したり、炭の量を調整したりと、焼いている間も休むことなく作業を行います。そこから約1時間半が経過・・・お肉が焼きあがりました!いい色で見た目も美味しそう!でも、ここで終わりではありません。この世界一長い焼き鳥の規定として、「焼き上がり後、串全体を5秒間持ち上げる」という決まりがあります。
やきとり5

やきとり7

▲「1,2,3,4,5…OK!」5秒間持ち上げることができました

無事、焼きあがったところでいよいよ長さの測定です。「全国やきとり連絡協議会」の審判員の方が、メジャー片手に完成した焼き鳥の長さを測ります。皆さんが緊張の面持ちで見守るなか、記録がでました。「25.55メートル!」新記録達成です!地元の人達からも拍手で祝福されていました。

やきとり6

▲25.55メートルの新記録達成に大島さんも笑顔

世界一長い焼き鳥は、焼き鳥作りをした商工会メンバーとゲストの方達で美味しくいただいたそうです。東松山市商工会の皆さん、本当におめでとうございます!暑い中、お疲れ様でした。
イベントは今日だけですが、東松山市には沢山の焼き鳥屋さんがあります。豚のカシラ肉を使った“日本三大焼き鳥”を食べに、東松山市に出かけてみてはいかがでしょうか?

※中継コーナー「にち10 おでかけリサーチ」は『安住紳一郎の日曜天国』内 10時30分頃に放送中です!