お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ
  • 音声あり

宮藤官九郎「土砂降りだけど…それがフジロックなんで!」

ACTION

2年ぶりにフジロックに出演してきた宮藤官九郎さん。若手バンドの車に乗せてもらって会場に向かったようですが…

宮藤:酷かった渋滞をやっと抜けて、それで群馬のガソリンスタンドに寄ったら「あんたたち、この先、土砂降りだよ」と言われて。ものすごく天気良いんですよ。そんな訳ねえだろと思って、山超えたら土砂降りです!「え?これ、ライブ出来るの?」っていう雨だったんですが、フジロックのスタッフに聞いたら「いや、フジですから。やりますよ。これがフジです。この雨の中でライブをやるのがフジなんです」と。

フジロックだからというのを何回も聞くの!

「こんな状態でライブ出来るんですか?」と聞くと、「フジですから。今まで中止になったことあります?フジですよ」と何度も何度もフジロックだっていうことを言ってるの!

「やるのか〜」と思ったんですが、時間で呼ばれて行ってもまだ全然土砂降り。知り合いも何人かいたので、「すごい雨ですが…」とメールしたら「いや、でもフジなんで」って返ってくるの。

「フジだから」って何?っていう(笑)とにかく「フジだから」という言葉に騙されながら行きました。

苗場食堂という場所でのライブで、隣のテントに入ったんですが、テントを打つ雨の音で、外でやっているライブの音が聞こえないんです。災害時ぐらい酷かったんですが、だんだん皆の言うフレーズが「流石のフジでもここまではないですね」に変わっていって…

流石のフジでも、これほどまでの土砂降りはなかったそうです。宮藤さんのコラム全編はradikoのタイムフリーで。

7月29日のPARSONALITY ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190729160000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)