お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


「初めて9番ウッドにチャレンジ」(2019年度第4回開催報告)

TBSラジオ&川口GREEN GOLFゴルフスクール


こんにちは。TBSラジオキャスターの久保絵理紗です。7月18日木曜日、2019年度 第4回TBSラジオ&川口グリーンゴルフゴルフスクールを開催いたしました。

冷たい長雨が続いていましたが、夏の訪れを思わせるジットリ汗ばむお天気の中スタート!梅雨を脱して夏を明るく出迎えたく、今回はピエロのような蛍光色のカラフルなウェアで登場!(みなさんに笑われました)先月末プライベートでコースを回ってきたため、今回は具体的な反省点が山積みでひとつひとつプロにご相談。スコアは139と前回と大きく変わりませんでしたが、コースでの悩みの多くは、ティショットのクリーンヒット率が低いこと。「決まった!」と思えるショットは18ホール中、2、3回程度・・・。1打目で飛距離を出せないと、どうしても気持ちが下がってしまうものです。コースに実際に出たことで、1打目・ティショットの重みを実感しました。

前半の初級コースでは、坂本浩プロからフォームに「ブレ」があると見つけていただき、原点に立ち返りスタンスを閉じたスイング練習をしました。足を閉じて可動域を減らすことで、余計な動きをせず純粋に軸回転ができるので、ショットに迷った際には、スタンスを閉じた練習に戻るとよい、とのことでした。基本に立ち返ることで、自分のスイングを思い出すことができるので、コースに出る際にもこの流れをルーティーンにしようと思いました。

後半の中上級コースでは、初めて9番ウッドにチャレンジ!これまで、2打目以降は7番アイアンか5番ユーティリティを使っていましたが、いずれはウッドを扱えるようになりたい…とプロにご相談し、まずは振り幅を小さくスタート!腰高のスイングから肩から肩まで、そして最終的にはフルスイングと、順を追って特訓。9番ウッドは使い慣れているアイアンに比べると遥かにシャフトが長く、スイングのイメージが掴めなかったため、坂本修二プロに特別に“お手本の生スイング”を見せていただきました!プロのショットを目の前でお目にかかれることはなかなかなので、その迫力にスクール生の皆さんと息を飲んでしまいました。頭が一切ぶれることなく、しなやかで伸びやかなショット!

修二プロの美しすぎるショットを目に焼き付けて、改めて9番ウッドにチャレンジ!するとどうでしょう、不思議なくらい今までずっと苦戦していた上半身と腰の回転のタイミングが合うようになったのです。これは自己分析ですが、おそらく学生時代ずっとダンスをしてきたので「見て、学ぶ」目の学習に慣れていて、たまたま効果が出たのではないかと思います。修二プロ、貴重なショットをありがとうございました。

今回は、いつにもまして初参加の方がたくさんいらっしゃいました!「プレシャスサンデーを聴いてきました!」と声をかけていただき、お話をしてみると、「前からラジオを聴いて気になっていたけどなかなか来られず…勇気を出して来てみました!」と、かねてからこのゴルフスクールを気に留めていてくださっている方がいると知り、とても嬉しかったです。プレシャスサンデーをお聴きの方で、同じように参加を悩まれている方がいらっしゃれば、ぜひお気軽に来ていただきたいです。みなさんとゴルフできることを楽しみにしています。

■初心者コース/12:30~ 18名参加  ■中上級者コース/14:30~ 19名参加  計37名参加

次回の予定

次回は2019年8月15日に開催します。

【お申込先】
TBSラジオ ゴルフスクール事務局
TEL 050-3786-3954(平日10:00~17:00)
メール tbsrgolf@tbs.co.jp
申込締切日:開催日3日前の月曜日