お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ストレスを軽減させる方法は?

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


金曜日の6時10分頃からは「情報一直線」。今朝は、精神科・心療内科医で、臨済宗 建長寺派 林香寺 住職 川野泰周さん「ストレスを軽減させる方法」についてお話を伺いました

 

 人間関係だったり、仕事の量だったり、難易度の高い仕事だったり、誰もがみんな、ストレスはあるもの。そのストレスに立ち向かうには、ストレスはなくならない。という前提に立ち、ストレスを乗り越え、糧にする術を身につければいい。では、どんな状態になるとストレスが生じるのか?その仕組みを理解すれば、「備え=予防」、「対処する」ことはできる。すると、今までのようにストレスに心身を支配されることはなくなります。

 

Q:私たちの普段の生活でできる、具体的な対処法は?
脳を疲れさせない。心と体は、とても密接につながっているため、体調を整えることで、心の状態も回復していく。私の患者さんの中には、特に対人関係で問題もないし、仕事でもそれほど悪いこともないのに、なんだかいつもスッキリせずに、疲れを感じる。という方が多くいる。
こういう方に共通しているのが「スマートフォンを長時間使用していること」。スマホを片時も体から離さず、寝る直前までネットサーフィンをしている方も多い。スマホが悪いわけではなく、スマホの使いすぎが、脳を激しく消耗させる。ストレスは葛藤が起きたときに生じるもの。しかし、それだけではない。日常的に行っていることが、知らないうちにストレスを蓄積させてしまうこともあります。現代の三大ストレッサーは、人間関係、仕事、スマホ(情報過多)とも言われている。中でも増えているのが「情報」というストレスです。

 

Q:体の不調は心からのサイン
「なんとなく調子が悪いな。」と感じたら、会社帰りにマッサージによってみる。銭湯でゆっくりしてみる。など、リラックスできる方法を生活に取り入れる。寝る前に、カフェインレスのハーブティーを飲む、低温浴をする、リラックスできる音楽を聴くのも良いでしょう。ちょっとしたことでいいので自律神経を整えるような、なんらかの自分なりの方法を持っておくこと。

 

自分の体の変化に気付いてあげること自体が大事な心の休息に繋がっていること!

 

詳しくはradikoのタイムフリーでお聴き下さい!

 

川野さんの「ストレス管理術」について詳しくは、「すばる舎」から販売中の本『集中力がある人のストレス管理のキホン』をご覧ください。

 

「ストレスを軽減させる方法」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190614061134

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)