お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2019年7月14日「ミラクル・サイクル・ライフ」<東京オリンピックの自転車競技・ロードレースは!?栗村修さんに訊きました>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

おなじみ、元サイクルロードレースの選手で解説者の栗村修さんをお迎えしました。
今回のトークテーマは来年に迫った東京オリンピックについて。
ツアー・オブ・ジャパンで大会ディレクターを務める栗村さんから見た東京オリンピックロードレース開催の大変さを語っていただきました。
すでに発表されていますが、ロードレースの距離はおよそ250km。
東京・府中市の武蔵野の森公園をスタートし、富士スピードウェイにフィニッシュというコース。
栗村さんはまず、東京五輪ロードレースはツアー・オブ・ジャパンなどと違って初の試みで、前例がない点を指摘します。
周回コースではなくほぼ1WAY。さらに府中という交通量の多い地域を走行。
このようなタイプのレースを運営するノウハウが今のところ日本にはないと語ります。
一方、長い歴史を持つツール・ド・フランスはどうか?
たとえば、ボランティアひとつとっても熟練した経験者が数多くいて大会をしっかりサポート。
また、「エスコートモト」と呼ばれる人たちがオートバイで交通規制をし、レースが滞りなく進むように一役も二役も買っているそうです。
そんな中、今月21日にはプレ五輪レースが開催されるのだとか。
ぜひ成功に導き、本番の五輪に弾みをつけてほしいものです。

番組全編の音声、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!