お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「クローゼットの断捨離」

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


金曜日の6時10分頃からは「情報一直線」。今朝は、「断捨離」の考案者やました ひでこさん「クローゼットの断捨離」をテーマにお話を伺いました

 

断捨離とは…「必要のないものを断ち、捨てて、執着することから離れる」

まず、身の回りを見渡す。生活空間に時間が止まった場所はありませんか?
⇒ホコリを払っていない置物がある。色褪せた手作りの作品が飾られている。など
昔のモノが、そのままの状態でそこにあるとしたら、それは腐っていないだけで、モノ自体は老いている。そんな、老いたものが溜まっている空間は、間違いなく淀んだ空間。そこから、新しいことを始めようというポジティブな気持ちは生まれない。「散らかり」は思考停止の始まり。モノが溜まれば溜まるほど、思考も溜まる。
⇒スッキリした空間のイメージが頭に浮かびにくくなり、考えようとしても、モノのイメージが邪魔して思考が止まる。

 

クローゼットの断捨離 3ステップ

「ステップ1」
クローゼットを開け放ち、服を全て水平面に出して俯瞰する。
「ステップ2」
カビが生えていたり、痛んでいる服から手放し、「いま、着たい服」を意識して絞りこんでいく。
「ステップ3」
・クローゼットは「見えない収納」のため、空間に対して7割以下の量を目安に調整。
・ハンガーで容量を決めて、それ以上増やさない。と心に決め「取り出しやすく、しまいやすく、美しく」を念頭に「旬」の服を決める。

 

大和書房から販売中の【やました ひでこ】さんの本「定年後の断捨離~モノを減らして愉快に生きる」こちらも是非、ご覧ください。

 

「断捨離について」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190510061148

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)