お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2019年6月30日「ミラクル・サイクル・ライフ」<マウンテンバイクってどんな競技があるの!?プロライダー・井手川直樹さんに教えてもらいました>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に引き続き、マウンテンバイクのプロライダー・井手川直樹さんをお迎えしました。
一口にマウンテンバイクといってもバラエティーに富んだ様々な競技があるそうです。
そんな中、初心者にすすめるのはここ1~2年で注目を集める「エンデューロ」。
一言でいえば下りのタイムを競うレースなのだそうです。
しかしスタート地点となる山頂に着くまでのタイムも決められているのでのんびりのぼるというわけにはいきません。
山頂までののぼりと、そこからの下りを4回くらい続け、下りのタイムの合計で順位が決まるそうです。
ハードなレースを想像しがちですが、「タイムを気にせず、比較的自分のペースで走ることもできる」と井手川さんは語ります。
ちなみに先週、話題に出たサドルを手元のレバーで変えられる技術はのぼりのときはサドルを上げ、降りるときはサドルを下げる必要があるエンデューロをきっかけに生まれたのだとか。
さらに石井さん、疋田さんが驚いたのは国際自転車競技連盟の正式競技としてeバイクのレースが誕生したこと。
eバイクにはエコモード、ノーマルモード、パワーモードのように複数のモードがあります。
人力とアシスト力をいかにうまくマネージメントしてレースをものにするかを競うもの。
自転車レースも新しい時代を迎えつつあるようです。

井手川さんも参加の「CYCLE AID JAPAN 2019 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山」は9月7日(土)に開催。マウンテンバイクに触れる絶好の機会、興味のある方はぜひ公式サイトなどをチェックしてください。

番組全編の音声、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!


CYCLE AID JAPAN 2019 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山
開催日:2019年9月7日(土)
開催地:グランドサンピア猪苗代リゾートスキー場
〒969-3288 福島県耶麻郡猪苗代町綿場 7126