お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

おもてなし=身だしなみ

コシノジュンコ MASACA

私、いままでスポーツのユニフォームとか、つい最近は学校の制服とかのデザインをやってきましたが、久々に今度はホテルの制服のデザインをやることになりました。浦安のハイアットプレイス東京ベイなんですが、ホテルってトータルデザインだから、結構な数になるんですよ! エントランスの制服に始まって、最終的にはバスのデザインまで。お客様を乗せるバスはユニフォームみたいなものでしょう? だから本当にトータルでやらせてもらいました。ポイントは「おもてなしの心」。お客様を迎えるのに、第一印象って大事じゃないですか? 第一印象ってユニフォームだと思うんです。パッと見て、最初にお会いするのがフロントの女性。真面目な普通の対話じゃなくて、楽しい会話ができるような、ファッショナブルなものになると思います。だけど、あまり遊びがやり過ぎてもいなくて、品があって。家族として、大人だけじゃなく子供にも受けるような。

レストランのユニフォームもデザインしたとがありました。フランスの三ツ星レストランのピエール・ガニエールはフレンチの格式を重んじて、お客様をご案内する女性はイブニングドレス風。でもあんまり気取ってなくて、帯みたいなベルトをして、案内される側も気持ちよくなれるような、ね。それとハインツベックというイタリアンレストランでも喜んで楽しくお仕事ができるような、それでお客様も好感が持てるようなユニフォームをデザインしました。働いてる側も自慢できるから、お客様と会話ができるんですよ。それがすごく重要じゃない? ユニフォームっておもてなしの肝だと思います。