お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【告知】ゲストはホテル評論家・瀧澤信秋さん▼メッセージテーマは「運動会の思い出」 5月29日(日) 10:00~『安住紳一郎の日曜天国』

安住紳一郎の日曜天国

安住紳一郎の日曜天国

 

 

 

 

 

 

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」

▼5月29日(日)はゲストにホテル評論家・瀧澤信秋さんをお迎えします!

▼メッセージテーマは「運動会の思い出」です。

ちなみに、にち10スタッフの「運動会の思い出」は…、

「私の中学校では、運動会の最後にキャンプファイヤーをグルリと囲んで、
全校で延々とフォークダンスを踊り、締めくくるという伝統がありました。
1つ上の学年に姉がいたため、順番が回ってくると姉と手をつないで踊る
という、思春期の男子にとって、それはそれは辛~い瞬間がありました」
(30代♂・構成作家)

「祖母が小学校の運動会に、何故か肩に担ぐ本格的なビデオカメラを持って
撮影に来た。老婆と大型カメラという異質の組み合わせにざわつく校庭。
『コンピューターおばあちゃん』とイジられた恥ずかしさで、
競技の記憶は一切残っていない」
(30代♂・プロデューサー)

「徒競走、リレーはからっきしダメだった私。障害物競争だけは、いつも
トップだった。きっと逃げ足だけ速い人の典型的なパターンだと思う」
(40代♂・ディレクター)

「息子の幼稚園の運動会。保護者による綱引き競技に参加、綱を引く際、
綱が私の脇腹にバシバシあたり、いてててて〜。病院に行ったら、肋骨に
ヒビ。翌年から綱引きが廃止になった」
(40代♂・構成作家)

「足が遅かった私。運動会当日、父親が私の手の平に“足が速くなるおまじない”
で『ジョイナー』とペンで書いてくれた。結果は6人中5位。ビミョー!」
(30代♀・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、にち10オリジナルポストカード
その三十「熊猫の当て字 アズミ」をお送りします。

Let’sハッスル!

201601_post_big2