お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「DANONE DENSIA presents 毎日骨活講座」~「血管・骨・筋肉を強くするゾンビ体操」~ 池谷医院・院長 池谷敏郎先生

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「DANONE DENSIA presents 毎日骨活講座」

専門家の方にアドバイスを頂きながら、皆さんの健康生活に役立てて頂こう、というコーナーです。

今回は、池谷医院・院長 池谷敏郎先生に、「血管・骨・筋肉を強くするゾンビ体操」をテーマにお話いただきました。

 

<池谷先生のお話>

Q、ゾンビ体操とは?
「忙しくて運動ができない」という人の為に考えた短時間でできる最も簡単な有酸素運動。かかとを浮かせて、つま先でその場で足踏みするイメージ。1分間足踏み、15秒休んで、また1分間足踏み…。トータル3分でOK。ポイントは上半身。子どもがイヤイヤをするときに、デンデン太鼓のように体をねじり、腕をブラブラと振る。足踏みに、この上半身の動きをプラスしたものがゾンビ体操。運動しながら、心と体をリラックスさせる効果が期待できます。

 

Q、筋肉や骨も丈夫になる?
その場足踏みで、下半身の筋肉がつき、1秒間に2歩。早足で足踏みしたとして…3分あるくと360歩。通勤に車を使い、仕事もデスクワーク中心なら1日に3000歩くらいしか歩いていない、という人もいる。普段運動していない人にとっての360歩は、かなりの運動量です。更に、ひざを90度くらいまで上げるようにすると太ももの付け根から、ひざ上にかけての筋肉、お尻の筋肉、上半身と下半身をつなぐ腸腰筋など、ふつうに歩いているのでは鍛えられない下半身の筋肉を使うことになります。

 

池谷敏郎先生の本「血管・骨・筋肉を強くする!ゾンビ体操」(アスコム)も 是非、参考になさって下さい。

 

詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴きください!

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)